teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


長い間ありがとうございました

 投稿者:荒鬼  投稿日:2019年 3月30日(土)20時31分47秒
返信・引用
  ぼくら自爆王HPは、2004年4月に開設以来、明日で丁度丸15年を迎えるわけですが…
この度、誠に残念ながら、Yahoo!ジオシティーズ終了に伴い、
止む無く当自爆王サイトを閉設させて頂くことになりました。
ご来訪頂いた皆様には、この場をお借りして、改めて感謝致します。

尚、コチラの掲示板はジオシティーズの管理外につき、引き続き
閲覧頂くことは可能ですので、今後も2G劇場をお楽しみになりたい方は、
是非とも当掲示板URLのブックマークをお願い致します。

ぼくら自爆王をご愛顧頂いた方々には、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

 
 

チー坊! プラモと呼ばないで

 投稿者:2G  投稿日:2019年 3月22日(金)18時11分52秒
返信・引用
  バソダイの新ブランドが「プラモデルという呼称は使わない」と表明して、ちょっと話題に
なっているみたいです。次の新しいステップというか、これまでのプラモデルの概念とは
違う、新しい創造の遊びを提案したい、ということなのでしょうか。知らんけど。
まぁ、呼び方なんかは、どうでもいいんですが、前にも書きましたけど、とっとと、ガソダ
ムの製品化権を、広く他社にも解放してくれたらどうかと思う。せめて一年戦争だけでも。
40周年という長い年月をかけても、いまだ一度も1/100で商品化してもらっていない
ゾックを、なんとかしてやってほしい(笑)。他社からでもプラモを発売できるということに
なれば、ゾックやらザメルやらバウンドドックのプラモなんか、もう明日にも出ちゃうはず。
「売れないから、出せない」なんて言ってるから、いつまでたっても、つまらない。
「こんなの出して、大丈夫!?」みたいなメーカーが出てくれたら、きっと業界は楽しいはず。
これからのプラモ業界は「リスク分散型」で、やってみては、いかがだろうか。
どうしてもバソダイが1/100ゾックを他社から発売させたくない、というのなら、ゾックの
胴体を4つのパーツに分解して、オリジナルデザインの手足パーツとかを抱き合わせで
入れて、4つの別々のロボットとして発売したら、どうだろうか(笑)。4つ買って、不要部
品を除いて合体させたら、やっとゾックが手に入るという、夢のある商品。
プラモデルという呼称を使いたくないんなら、いっそ「合体モデル」で、いいのでは。
キャッチフレーズは「創造のプラモデル」。・・・・・・あ、プラモデルて、言っちゃった(汗。
 

戦車オヤジが夢中になるわけだ

 投稿者:2G  投稿日:2019年 3月20日(水)14時20分39秒
返信・引用 編集済
  >映画『T-34  ナチスが恐れた最強戦車』見ました。
ここ数年のロシアって、なんとなくの感覚ですが「(ソ連時代も含めて)昔の俺たちって
カッコよかったよな~」的な、国威発揚というか、懐古主義というか、結構過去の歴史
を美化したような戦争映画、よく作ってるなんてことは、ないのだろうか。あくまで雰
囲気で適当なことを言ってますので、違ったらゴメンナサイですけども。なんかチョイ
チョイ見てるような気がする。
この映画、昔のソ連の戦車「T-34」が、いかに優れていたか、ということを語るストー
リー物なんですが、ほぼ同時に「KV-1」という別の戦車の映画も作っているらしい。
戦車ファンからすれば、おおいに大歓迎(笑)だったりしますけど、こんなマニアックな
ピンポイントなネタで、よくまぁ、1本の映画にしようなんて思ったよなぁ~と。
ちなみに1964年製作のモノクロ映画で「鬼戦車T-34」と言う作品があり、これは
名作ですので、戦争物に興味のある人で未見の人には是非オススメしたいです。
今回の映画は、その「鬼戦車」のリメイクと勘違いしてる人もいるみたいですが、全く
の別モノでして、T-34という戦車を設計した人の開発秘話物語なんですね。
ドキュメンタリータッチ作品かと思いきや、冒頭に「史実を元にしています。フィクション
も含まれます。」みたいなテロップが出るんですが。 んん~~~~~~。
もう、先に言っちゃいましょう。
ほぼほぼフィクションです(笑)。
っていうか「な~んとなく、うっすらですが、ジブリのアニメの影響を感じる、漫画っぽ
い映画」っていう個人的印象です。
ストーリーは、1930年代後半のソ連、今までの自分たちの戦車の防御力、攻撃力で
は他国の装備には勝てないと考えた軍が、新しい戦車の開発を指令し、技師コーシュ
キン(実在人物)が作ったのがT-34戦車。コーシュキン技師は、T-34の高性能を軍の
上層部にアピールするため、工場から遥か1000キロも離れたモスクワまで、自力で走行
(普通は鉄道輸送しないと壊れちゃう)しようと計画する。
はたしてスターリンの閲兵式の日までに、無事にたどり着けるのでしょうか?
という物語なんですが、実際に史実として長距離走行のデモンストレーションは行わ
れたそうです。この映画では、なぜか設計チームの中に若くて可愛い女の子が技術
者として加わっていて(装甲板担当という設定)、コーシュキン技師のT-34お披露目
走行に強引に参加しちゃう。確かに当時の他の国では、女性の技術者というのはちょっ
と無いかな?という中で、ソ連は男女平等というポリシーで女性が輸送機パイロットや
狙撃兵として前戦で活躍したそうで、国家の重要機密の部分にも、女性が参画して
た可能性はゼロとは言えないけど・・・。ベレー帽にサスペンダー姿の小柄な若い女
の子で技術屋って、それ「紅の豚」の影響では?と感じてしまいました。(フィオはエ
プロン姿だったかな? 服装は全く違うんですが雰囲気が、なんとなく。。。)
そんで出発してすぐに、山賊みたいな連中がT-34戦車を(初めて見るので誤解し
て)「お宝を積んだトラクターが走ってる」と言って襲撃して、主人公たちを拉致監禁。
すると上條恒彦の声が似合いそう(笑)な山賊のボスがマヌケな手下を叱責して「バ
カヤロウ、てめぇら、軍を敵にまわす気か!?」とか怒ったりする。悪い連中だけど、家
族でコミューンを作っていて奥さんやら子供やらも生活している。なんとなくマンマユ
ート団的な、憎めないワルたち、みたいな連中が登場。第二次大戦中のソ連に、こん
な前時代的な山賊が、本当にいたのだろうか? なんかマンガっぽいなぁ。
そこへやってくる、怪しげなドイツ軍工作員たち。なんと、まだドイツ軍がソ連に侵攻
していない1940年の時点で、もう「あの戦車は我が軍の脅威になるから、破壊する
か奪取しろ」と命令を受けて、襲いかかってくる(笑)。
うーむ、国際法は、どうなっているんだろう。(史実ではドイツが一方的に独ソ不加
侵条約を破って奇襲するので、ソ連側の人から見たらドイツ軍をヒキョー者に描く
のは当然でしょうけど。)
しかし試作品の戦車を1台や2台破壊したところで、工場が健在ならすぐ量産でき
るんだし、全く意味のない話。連邦軍のV作戦を奪って十字勲章まんまの発想(笑)。
それにもしドイツ軍の工作員だと素性がバレたら外交上ヤバくなるやん、という。
そんなことはお構い無しに、ドイツ工作員たちは白昼堂々メチャクチャに撃ってくる。
炸裂するMG42機関銃。あれっ? これ1940年の話だったのでは。。。まだMG42機
関銃は制式採用されてなかった時期では。。。? しかし撃たれてるT-34戦車のほう
も、よく見るとキャタピラは1941年途中あたりから採用された、いわゆるワッフルパ
ターンを装備しているので、この映画の中の時間軸は、有村架純ちゃんがコーヒー
を入れてくれて未来に行っているのかも知れません。(でも防盾は一応1940年型に
似せて作ってあって、そこは面白いですね。現存するT-34戦車のキャタピラは、ほぼ
ワッフルパターンですので、さすがに足回りを作り直すのは強度的に難しいと判断さ
れたのでありましょう。撮影のたびに壊れたら大変ですからね。)
操縦手ハッチのところが妙にモッコリ膨らんでいるのは、何を参考にしたのかなぁ?と
不思議に感じたのですが、もしかしたら、初期の操縦手バイザーの部分を再現する
ために、現存のT-34/85車体のハッチの上から覆い隠すような感じで装着したら
必要以上に大きくなっちゃったのかな?と想像。プロップ製作者のコダワリ部分かも。
そんなこんなで、史実をベースにした内容と言いつつ、かなりムチャをしているよう
な印象。むりくりにエンターティンメント作品に仕上げている感じ。
ただ、まったくグロい表現とか無く、全体に明るい、楽しいアクション戦争映画といっ
た作りになっていて、恋愛要素も入ってきたり、ロードムービー的な味もあったり、
スターリンの待つ閲兵式に間に合うのか?という時間制約のドキドキ感もあったりで、
面白く見せようという作り手側の工夫が感じられます。(軽い、お色気もあるでよ~)
コーシュキン技師の役者さんもご本人に雰囲気が似ていると思う。ちょっと石橋凌
さんっぽい(笑)。
なにより鮮明な画像でT-34の実車が相当な時間スクリーンに延々と写っている(主
役ですからね)という映像作品は、たぶん他になく、戦車好きな人はそれだけで充分
に楽しめそうな映画です。砂ボコリを巻き上げエンジン全開で2台のT34戦車同士が
抜きつ抜かれつチェイスするシーンなんて、たぶん他の映像では見られないと思う。
この映画、設計技師の人が主人公だし、日本版のタイトルは「ホコリたちぬ」とかで
よかったのでは(笑)。

なにはともあれ「KV-1」も早く見たい(笑)。
 

コ・カイン2020

 投稿者:2G  投稿日:2019年 3月14日(木)13時08分44秒
返信・引用 編集済
  ↑今日のタイトルって、なんだか惑星グラドスの提督の息子が金色のロボットで暴れ
まわるOVAのタイトルみたいですなー。(←それって「ル・カイン1999」のこと?

とりあえず、ミュージシャンで俳優のピ・工-ル瀧がタ・イーホされたというニュースで
芸能界は大騒ぎ。確かにあっちこっちのドラマとか映画に出ておられたような気がする。
小出恵介メンバーに続いてシンゴジの出演者が問題を起こした・・・って、あの映画、
名前のある芸能人が何10人も出ているのがウリみたいなところがありますから、そりゃ
1人や2人は、なにか事件を起こす人が出てきてもおかしくありませんね。確率論で。
ピ・工-ルの出演場面はタバ作戦の陸自の現場指揮官でしたけど、あそこのシーンが
カットされたからって(戦車のシーンは必要)、ストーリーには影響ない。とりあえず攻撃
が効かなかったということさえ伝わればオーケーです。シンゴジのストーリー上で必要
なのは総理大臣のまわりの数名と、対策室の数人くらいで、それ以外は「サウンドオン
リー」でも問題なし。もし萬斎が事件を起こしたら、どうなるんだろう。後半モザイク?

それより大変なのが、いま国営放送で放送中の「い・だてん2020」のほうだ。
ピ・工-ルは主人公の「い・だてん」が履く地下足袋の職人さんとしてレギュラー出演
しているので、この先、どの程度の出演場面があるのか分からないが、そこを急いで
別の人で撮影し直さないといけないかも知れない。
そこで急遽、代役として抜擢されるのが石橋雅史さんだ。
ところが石橋さんは既に「い・だてん」の中で超能力者「ベンガルの虎」の役で出演
する場面を撮影し終えていたので、2人が会話する場面だけチラッと一瞬だけピ・
工-ルが映ってしまうことになってしまった。 おお~、御子よ~!!(バカ)
大変失礼しました。石橋さんのご冥福をお祈りします。

で、(まだ続くの?)ピ・工-ルの出演している映画で公開直前のものをどうするか、と
いう話題がワイドショーで出ていた。今から急いで代役で撮影し直さないといけない
かもしれないということで。大損だ。それが映画「麻・雀放浪記2020」というらしい。
あの往年の映画作品の、リメイクというか、リ・イマジネーションというか、大胆な内
容になるようで、終戦直後の日本から現代(2020)にタイムスリップするSF麻雀映
画なのだそう。聞いただけですごい。ケムール人が出るわけでは、ないようだ(爆)。
この映画に、ベッキーが「未来のアンドロイド雀師」として出演するらしい。濡れ場も
あるのかも知れない。顔はアンドロイド役にピッタリでナイスキャスティングだが、意
外とベッキーは細いので、バーバレラ的な未来のピチピチスーツを着せるとお色気
が足りないのが惜しい。顔が丸っこいのでムチムチなような印象を持ってたら意外
とスリムで、ギャップがあるので余計にそう感じる。
ジャックガイストの時から注目していた私が言うんだから、間違いない(いいかげん
にしなさいって)。
さてこの映画、どんな話なのか全く知らないけど、たぶん「ブレラン2049」みたい
な感じになるのでは、と予想する。ベッキーのアンドロイドは心が無いはずなのに、
いつしか主人公の男に恋愛感情を抱いてしまい、最後のクライマックスでは、敵の
悪い雀師(ラスボス)が、主人公に負けそうになって、悔しまぎれに超小型陽電子
爆弾を仕込んだ麻雀パイ(たぶんドラがスイッチになっていて、盲パイでスイッチ
を押して投げる)を主人公に向かって投げつけ、あわやというところで間一髪、ア
ンドロイドの女が主人公をかばって自分が陽電子爆弾のえじきになってしまう、と
いうオチだ。たぶん、そのラスボスがピ・工-ルの役だったのではないだろうか。
爆弾といってもドカーンとなるわけではなく、透過光で青白い電流がバチバチッと
なって、最後ベッキーは主人公の腕の中でアンドロイドなのに目から涙を流して
機能停止する。「き、きさま~!!」怒った主人公が敵に反撃開始。勝利。終わり。
知らんけど。全部想像です。
なんか知らないけど往年の名作映画の作品名の後ろに「2020」って付けたら、
なんでもSFオモシロ映画っぽくなるような気がする(笑)。
「トラック野郎2020」
「男はつらいよ2020」
「大岡越前2020」
「人形佐七捕物帳2020」
「2001年宇宙の旅2020」
「スペース19992020」
「銀河鉄道9992020」
「クラス・オブ・19992020」
「海底人88232020」
 

朝の大杉久美子対決w

 投稿者:2G  投稿日:2019年 3月11日(月)14時40分26秒
返信・引用 編集済
  毎度ながら関西ローカルな話題で失礼。
先日からサンテレビで朝に「ペリーヌ物語」が月~金で放送され狂喜乱舞の私(笑)。
しかも画質が良くて、セルのホコリというか擦り傷というか、なんか本来は見えなくて
いいものまでクッキリ見えているようなくらいの、リマスター感がたまらない(笑)。
それにしても、なぜ今ペリーヌなのかと不思議なんですけども、まぁおそらくは局に
すごいアニメ好きな人が居て、靏さんの訃報で「放送枠が取れたら絶対ペリーヌを
流してやる」と決めておられたのではないでしょうか。なんにせよペリーヌを知らない
小さいお子様が朝に良質なアニメを見て、いい子に育ってくれたら嬉しいものです。
と、思ってたら、なんと同時刻の裏番組にKBS京都が「エースをねらえ!」(旧シリー
ズ)の放送を始めたので、さぁ大変。
朝っぱらから関西では大杉久美子の歌のザッピング大会ってなもんだ(爆)。
そんでテレビのルールとして「その局で初めて放送する番組はどんなに古い物で
あっても初回放送日のラテ欄には新番組を表す「新」の文字を入れる」ということ
になっており、KBS京都では過去にエースをねらえ!を放送していなかったらしく
「新」エースをねらえ! という表示になっていたのですが、ご存知のようにエース~
のアニメは数年後にリメイクされており「新エースをねらえ!」という番組名になって
いるので、最初は「どっちを放送するねん!?」と一瞬、戸惑ったりもします(笑)。
ファンの間では「新エース」や「帰りエース」と呼ばれややこしいので、現在は、
「エースをねらえ!ジャック」という呼称で統一されています。(もちろんウソ。)
「旧エース~」というと、なんといっても歌が魅力なんですけども、エンディングの
節回しは、レコーディングの後に大杉さんがどうしても納得いかずで再レコーディ
ングされたとかどうとかいう逸話を聞いたことがあります。最初のテレビサイズの
収録音源がそのまま放送に使われ、そのため我々視聴者としては、テレビで聞き
慣れたメロディと、レコードになったエンディング曲との違いが、なんとも奇妙と
いうか、「あれっ、なんでここ、こんな風に歌うの?」と首をかしげてしまうのです。
どっちがいいかは好みの問題かな、という印象ですが、やはりテレビで聞き慣れた
ほうの歌い方が、どうしても落ち着きますね。
昭和の時代はソノシート用に別の歌手が歌うとか、オフィシャルでもアレンジ違う
バージョンとか歌い手が違うとかザラで、当時子供だった我々は、子供心になん
となく違和感を感じつつ「そういうものなんだろう」と無理に納得していたような。
あと、エース~は、歌もさることながらエンディングの川尻善昭さんの止め絵が
なんとも70年代のオシャレ感というか味があって、すごく好きなんです。

>映画「コーヒーが冷めないうちに」 見ました
特に何の予備知識もなく、単に有村架純ちゃんの主演映画らしいということしか
記憶になかったんですが、レンタル屋さんの新作コーナーに並んでいたので
なんとなく借りて視聴。もともと日本映画は、あまり興味がないので、全く期待
せず。キャッチコピーの「4度泣ける」みたいなのが、ちょっとネットで話題になっ
ていたような気がします。「本当に4回も泣ける映画なんだろうか?」という、事前
にハードルを上げまくってしまう、実に危険なキャッチコピーです(笑)。
ダウンタウン松っちゃんがテレビで言っていた発言で面白かったのは、料理の
名前で「野菜のうま煮」とかいう「うま煮」って、それを食べて美味いか不味いか
は食べた人の側の感想なのであって、送り手である自らが「うま」いと、言って
しまうのは、アカンやろ?という(笑)、我がが言うなよ!というのが笑えた。
「お涙ちょうだい映画」というのは、いくらか馬鹿にした表現ですけども、ジャンル
としては、あっていいと思います。泣ける小説、泣ける映画、そういうカテゴリー
のものを求めて見たいという人は、きっと居ます。ただ、送り手の側が自分から
先に「これ見たら泣けますよ~」と言ってしまうのは、やはりちょっと違うと感じる。
それも見越した上での話題作りのためのキャッチコピーであろうとは、もちろん
分かっているのですが、いざフタを開けてみると、なんというか。。。
有村架純ちゃんが可愛いので見たい、チューするシーンが見たいという人(笑)
でないと、この映画、ちょっと厳しいかもなぁ。
結局のところ「泣かせ」の部分は、松重豊や吉田羊のような芝居巧者の俳優さん
の力量に、頼りっぱなしのような気がした。映像や演出がチャチい。
内容としてはテレビサイズというか「月曜ドラマランド」の枠でやるような、「来週
は、畠田理恵主演の『バケルくん』で~す。見ってね~!!」レベルの感じという
か(爆)、もともと場面のほとんどが喫茶店の店内風景、という設定もあって、動
きも広がりもないし、わざわざスクリーンで見る雰囲気ではない。
物語は「ある一定の条件をクリアすれば自分の行きたい過去に行ける」という
不思議体験の映画で、誰でも人生で「あの時、ああすれば良かった」「あの時、
あの人に、あんなことを言わなければ良かった(言えば良かった)」といった後悔
というのは、多少ならずあると思うので、そんな願いを叶える、というファンタジー
なのであります。こういうファンタジー系の作品は、その世界観をいかに観客に
スンナリ受け入れさせるか、というところではないかと思うのですが、結局最後
まで「なぜ過去にタイムスリップできるか分からない」というのは、まぁ百歩譲っ
て飲み込むとして、クライマックスで急に「過去だけでなく未来にも行ける」と
いう話が出てきて、いささか混乱を招く。一応早い段階で劇中キャラに「未来に
行ってもなにも変わらないので、行く意味がない」みたいなことを言わせている
のですが、「過去に戻れる」という最初の設定だけで押し切って欲しかったよう
に思いました。未来云々をナシで話を作れなかったのだろうか。
実際のところはオチは誰かが未来に行ったわけではなさそうで、10なん年か
後の人間が現在という“過去”に戻ってきて・・・ということのようですが、妙に
誤解を生むような展開なのであります。泣けるというより、これどうなったの?
みたいな謎解きのほうが気になっちゃったような。結局のところ、劇中で実際
に未来に行ったのは石田ゆり子演じるお母さんだけのようで、何故お母さん
が未来に行ったかの理由はちゃんと説明があるのですが、ただ、お母さんが
未来に行ったということを、いつ、誰がどうやって知ったのか、が、よく分から
ない。とにかく「クリスマスの日に行け」と言われて初めて事実を知る。まさ
に卵が先か鶏が先か、のパラドックス問題に突入してしまうのです。
要するにアレだ、ドラえもんが数時間後の自分にタイムマシンで宿題の手伝
いを頼みに行って、2時間おきに叩き起こされて最後の自分自身が睡眠不足
と疲労でエキサイトして大暴れする、あの話を知っている人なら、なんとなく
受け入れられる映画なのかも(笑)。

私も過去に戻れるのなら「特ダネ登場!」にアンギラスが出てたかどうか、の
確認に行きたい(笑)。
 

昭和元禄メカゴジ心中

 投稿者:2G  投稿日:2019年 3月 8日(金)17時50分9秒
返信・引用 編集済
  「昭和元禄~」のドラマ版が結構良い出来で楽しく拝見しましたが、アニメ版
のほうも見直してみたくなり、レンタルでちょっとずつ借りて、先日全巻終了。
放映中ずっと見ていたつもりでしたが何話か見逃してた回があったのに気付
いたんですけど(今ごろかよ・笑)、どうやらドラマ版と脳内で上手く融合させ
て足りないところを埋めていたようで、見逃したエピソードがあったのに気づ
いていなかった模様。
ドラマ版ではアニメ後半の樋口先生が登場せず、助六とみよ吉の死因を探
るのは上方の噺家の萬月さんに役柄が振り替えられていたが、物語をシン
プル化するためには仕方ない措置とは思いますが、ちょっと厳しいような。
ドラマは10話構成でしたけど、あと3話追加したら樋口先生のエピソードも
盛り込めたはず。民放ならいざしらず国営放送でその構成は厳しいのでは
ないかなぁ。ケチらなくても良かったのに。脚本家の人はさぞ苦心なさった
のではと感じました。
主人公が死んでしまって、三途の川を渡る手前の「あの世」は、生きている
時と同じような街並みでお店が立ち並んでいて、現世では火事で焼けて
しまった寄席があの世で新築されているという設定はとても面白い。人間
だけでなく建物もあちら側にいくという発想が落語っぽくてバツグン。
桂米朝さんの「地獄八景」の中のギャグで、あの世にも寄席があって、落
語界のレジェンドたちが勢揃いしていて連日大入り満員、表の看板には
出演者の名前がズラリと並んでいて、最後に「桂米朝」と書いてあるので
「米朝という名前で死んだ噺家は居ないのでは?」と尋ねると、あの世の
人が「よう見てみい。名前の脇に“近日来演”と書いてあるやろ」という
ところで客席がドッと沸く(笑)というのがあります。それのパロディになっ
っていてアニメでは主人公が死んだので「本日来演」と書かれているの
が楽しい。米朝さんがお亡くなりになって数年、今ごろきっとあっちの寄席
で、枝雀さんと親子会などなさっているのでしょうね。
それはそうと話は逸れますけど「ドラマの中で喫煙シーンとかあるのが
腹立つ」って言っているような人って、どういう神経してるんでしょうね?
いや、例えばドラマ中で、やたら「タバコが美味いよー。みんな吸えよー!」
とか何度もセリフに出てきたりしたら、嫌いな人は文句を言いたくなるだ
ろうとは思いますけども。ほんのちょっと前までは文化として喫煙は普通
のことであったし、戦前や戦中を描いたドラマで喫煙シーンがあるのは
当たり前なのではと思いますが。
時代劇を見るたびに「銃刀法違反のやつばかりをテレビに出すな」と怒っ
てるのと殆ど同じかなと(笑)。

>「昭和メカゴジラ本」を購入。
先日から「昭和懐古主義」な古臭い話ばっかり書いてますけど、まさか
今このタイミングで「昭和のメカゴジラオンリーな本」が出版されるとは。
普通、VS版の一郎太メカゴジラとか、釈ちゃん機龍とかの話題だとか、
レディープレイヤーワンのブルーレイの宣伝を兼ねてとか、もうちょっと
商売っ気アリアリなのを想像すると思うんですが、まさかホントにスパッ
と「ゴジラ対メカゴジラ」と「メカゴジラの逆襲」の2本の映画のみに特化
した、これほんまに21世紀の今、出版された本なのか!? 40年くらい前
に発売された本が四次元空間のスキマにハマりこんで未来である現代
にポトンと落ちたんじゃないのか?ぐらいに思えちゃう、こんな本が出版
されるとは。素晴らしい。採算取れるのかとこっちが心配になっちゃう。
とにかく出してくださった皆さん、ありがとう。
特にすごいなと思ったのは、実物のスーツの交換用頭部(展示品の
老朽化とか破損を防ぐためレプリカを作成してあるのだそう)の、前後
左右の寸法をメジャーで測って何ミリ何ミリ、と細かくサイズを示して
あるページ。これを見てしまった造形家のみなさんは、もうテキトーな
雰囲気だけでメカゴジラの造形が、できなくなっちゃう(笑)。
それに、昔からゴジラマニアの間で言われていた「宇宙人が作ったロ
ボットなのに、肩に“MG”って英語が書いてあるの、変じゃね?」という
ギモンに関して、デザイナーさんとスーツの造形家さんの両方にイン
タビューして回答を得ているのは、すごい。とうとう決着がついた。
あと「50メートル級の巨大ロボットにしては、リベットがデカすぎるの
ではないか」という点についても、デザインした井口さんご自身が言
っておられるのが興味深い。あのリベットがあるからこそロボットらし
く感じるのだけど、デカすぎるというのは多くの人が昔から感じて
いたことだと思います。元のデザイン画も掲載されていて、確かに
全身のリベットは描かれていない。
それと、「特ダネ登場」について言及してあるのが嬉しかった。
映画公開の直前に、PRのために、中島春雄さんが出演されていた
のです。熊倉さんのナレーションで「このヒトは・・・」という、あれ。
ゴジラの着グルミの中に入ってゴジラを演じ続けた男として初めて
中島さんがテレビでクローズアップされた瞬間だったのではないで
しょうか。私の記憶では、中島さんの正体をバラしたあと、舞台の上
にゴジラとメカゴジラのスーツが登場して、軽いアトラクションをやっ
ていたと思います。で、確か私は事前に子供向け雑誌かなんかで
メカゴジラのデザインは見ていたと思う。「おお! これがメカゴジラ
の動いてるところか」と感激したのを覚えています。その次の瞬間、
茶色いクマさんというか獅子舞みたいな、毛むくじゃらの変なヤツ
がステージに乱入してきて、妙にキビキビしたアクションでメカゴジラ
と殴り合っていたように思う。とにかく気持ち悪かった(笑)。
この本では東宝の当時の広報の人が「アンギラスも舞台にいた」と
書いておられるのですが、私の記憶では、シーサーだけしか出なか
ったような気がしています。この部分は記憶が曖昧です。
とにかくその時が私のシーサー初見で、後で劇場で本編を見て、や
っと納得というか「思ってたほど気持ち悪い怪獣ではない。」と感じ
ました。とりあえず「いいもん」の怪獣なので、爬虫類系ではなく哺乳
類系なのだな、と子供心に納得。その割に「目からビーム」というの
は、ちょっと“おいおい、動物じゃないのか?”と思った。このあたりは
同年代の怪獣ファンなら共通認識でしょうかね。
あと、この本では当時の関連グッズも丁寧に紹介してあるのですが
ブルマァクのプラモ「東宝トリオ」を取り上げてあるのが嬉しい。
少ない小遣いをやりくりした中で当時価格700円のプラモというの
は、なかなかの高額商品であった。ミニモデル4つをシュリンクし
て300円のやつもあったので、そっちを買うかどうか、と迷ったの
を昨日のことのように思い出します(笑)。結局は無理して、パッケ
ージの魅力(シネスコ映画のスクリーンのように横幅が広い箱で、
ゴジラとギドラとメカゴジの3つのプラモが紙で仕切られて横並び
に収まっていた)に負けて、東宝トリオを買って帰りました。
あれを買っておいて良かったと思います。プラモ屋の店頭で買うた
やめた音頭を踊るのは、いまも少しも変わってませんが(笑)。
 

♪ ピーポパ・パッピッポ~~!!

 投稿者:2G  投稿日:2019年 2月28日(木)14時48分54秒
返信・引用 編集済
  はい、どーも。というわけで本日の1曲めは『宇宙人ワナワナ』でした~。
続きまして、竹本孝之クンの『てれてZin Zin』を・・・
って、このパターンちょっと最近のお気に入り。失礼しました。

>量産機ファンよ立ち上がれ・・・って。
バソダイがアニメや特撮など版権もの以外で自社オリジナルのロボットの
プラモを出すのって、すごく珍しいことなのでは? 初めてかも?
版権が関係ないのでお値段もお安いし、初心者のみならずベテランさんも
改造ベースとして使いそう。特に旧キットのモナカの「中の人」とかね。
しかし考えたら面白い話で「量産機」って、そりゃプラモデルは金型でバン
バン同じ形のを作り出してナンボの商売なんだから、世界にたった1台の
試作品ロボだろうが何だろうが、プラモになったら「量産型」と言えなくない。
「なにを、しょーもない、ヘ理屈こねやがって」と思われるかも知れませんが、
プラモのロボットが「量産型」か、そうでないかは、そのキャラの設定次第
なのでありまして、準拠となるアニメなり漫画があっての話。
もちろんメーカーで考えた自社オリジナルのキャラ商品であっても、その
世界観というのは、あっていい。それこそゾイドなんかは最初はオモチャが
先行(一番最初は「メカボニカ」っていうチャッちぃゼンマイ歩行でしたよね)
で、後から世界観が設定されたり、何10年も経ってまた新しくアニメ用の
ストーリーが考えられたりするし、もっと古くは変身サイボーグやミクロマン
なんかも、アニメにもドラマにもなっていないけど商品にパンフやミニブック
が付属していて「片貝博士の研究で云々」とか、それらしい設定はあった。
余談だけど森藤よしひろ先生の漫画「ミクロマン」は大好きでした。アクロ
イヤーがでっかくなって円谷怪獣ばりに暴れるシーンなんかは、小さいの
がウリであるはずの世界観を逆手に取って、意表を突かれて面白かった。
「アントマン&ワスプ」って映画は、森藤先生の漫画を参考にしたに違いな
い(←そんな意見は他所で聞いたことがないけど・笑)。
で、こんどバソダイが展開する自社オリジナルの「量産機」ということらし
いけど、設定をしないことで、ユーザーが好きなように塗ったり改造したり
できるように、というのが狙いで、特にシュトラール軍だの傭兵軍だのと
背景があるわけでは、ないらしい。じゃあ、なんで「量産機」なんだコレ?
というツッコミを、きっとそのうち他の皆さんも言い始めるのでは。
まぁ、強いていうなれば「どこの誰それの、いつの何の、という縛りは無い
が、量産品であるという“設定”だけは、ある。」ということなのかな。
「いくつも買って、いくつも並べても、誰も文句は言いませんし、横に1/35
の兵隊さんを立たせても、富士山をまたいで火口にガスタンクを放り込む
シーンのジオラマを作っても、誰にもツッコまれません。安心してください。」
っていうことなんでしょうかねー。
ただ、戦車プラモ大好き人間から言わせてもらうと、量産機で兵器という
設定で自分で作るなら、1つの戦場や1つの部隊に、赤いのやら黄色いの
やら好き勝手なカラーリングのやつがゴチャゴチャいるような状況は、ちょ
っとアリエナイと思うので、おんなじもんを同じ色で、何個も作らねばなら
ない。これがタイガー戦車だったら自分は大好きなので、2個でも3個で
も喜んで同じものを作れる。たぶん10台くらいまでならタイガー戦車ばっ
かり連続で作り続けられるかも。あ、いや、7台目くらいで飽きるかな(笑)。
これと同様のことができるのは、せいぜいザクとスコタコくらいかなぁ。
少なくともザクやスコタコなら、全く同じキットを3個くらいまでなら連続で
組み立てるのが平気なくらい、好きです。それは元のアニメ作品への
思い入れが強いからであります。
バソダイの知らん人がデザインした世界観も何もないロボットを同じ仕様
で何個も買って組み立てる自信は全くありません。つまり何が言いたいか
というと「量産機が好きな人、どうぞ。」と言って売られても、買う人のほと
んどは、たぶんですが「オレ専用のカスタム機」としてしか、作らないと
思います。メーカーも「好きにカスタムしてね」と謳ってるし。カスタムして
も1個だけしか作らなかったら、それは量産機では、なくなるのでは。。。
カスタムしたらしたで、その状態で複数並んでこその量産品ですから。
(ザクは元のアニメの世界観があるので1個だけでも量産型と主張できます。)
ちなみに本気で「量産機ファンに喜んでほしい」と思っているなら、ザクの
製品化権を他社にもオープンにして(二重版権でもいい)、タカラやドラゴ
ンなど他のメーカー製造のザクが買えるようにして欲しい。なん10年も
「バソダイ製の量産型ザク」しか買えない状況に、もう飽きた。
もちろん、そんなことしてもバソダイに旨味は殆どナシで損のほうが大き
いと思うので、絶対に権利を手放したりしないでしょうけども。

それか、せめて1/20宇宙用ファッティ、出せや。
♪ ワナワナワナワナ・ファッ・ティー出してよ・ワナ!ワナ!
 

♪ とっ!しえっ!  ちょっと   とっ!し・え~~

 投稿者:2G  投稿日:2019年 2月25日(月)16時36分27秒
返信・引用 編集済
  はい、どーも。本日の1曲めは坂上とし恵さんの『ト・シ・エ』をお送りしました~。
続きまして、ひかる一平クンの『胸騒ぎの放課後』を・・・
って、なに懐かしのDJを気取ってるんでしょか。失礼しました。
普通にテレビ見てたらゼニクレージー がCMに出てくるし、アニメじゃ鬼太郎
と「どろろ」が往年のように同時期に放送されてたり。妖怪人間ベムがリメイク
されるとかなんとか。昭和ばっかりや。
新しい「どろろ」は「ユーリ!」のマッパが製作しているとのこと。大変評判がよろ
しいようで、良かった良かった。絵柄は現代風に随分と変わりましたが、原作
の暗くて恐い、寂しい雰囲気が、よく出ているように思います。
長いこと手塚漫画のファンですので、絵柄が手塚先生のと全然違うアニメを
見ると寂しい思いはありますが、やはりこう、現在の若者にも見てもらおうとす
ると、手塚先生のキャラの絵は古い感じがするのは仕方ないのかなぁと。
まぁ、いま新しいどろろ見て初めて手塚作品に触れたような若い人が、もう少
し歳をとってから、原作を読み、あの味わいというか先生のキャラの魅力に
ハマッてくれたなら、ちょっと嬉しいですかね。
私にとって「どろろ」というと、原作漫画よりモノクロのあのアニメの、万代様
のエピソードに登場する「金小僧」、あの恐さが完全にトラウマになっています。
「や~ろ~う~かぁ~」(♪チリーン)っていう、声の気持ち悪さたるや(笑)。
悪い妖怪ではないというのは分かっているんだけど、まだ怪物然とした悪い
妖怪たちのほうがマシだ。ほぼ怪獣みたいなもんだし。
金小僧という妖怪は、大映の「妖怪大戦争」(もちろん古いほうね)に登場す
る「かっぱ」と同じように「胴体は普通の人間、なのに顔だけ異形」というアン
バランスさが何とも形容しがたい気持ち悪さなんです。まぁトラウマというと
他にも悪魔くんのマネキン妖怪だとか、ヤゴゲルゲあたりなんかお馴染み
さんかも知れませんが、いろいろあります(笑)。
な~んとなく「ああー、なんかヤなもの見たなぁ」という感覚、ありますよね。
ジェノス星人に捕まったガモージョージがバーナーで目を焼かれるシーン
とか(笑)。な~んかイヤだなぁ、これ、みたいな。
今回の新しいアニメの金小僧は、ほぼ原作通りの作画でしたが、声のニュ
アンスが普通に妖怪っぽくて、生理的な嫌悪感みたいなのは全くなかった。
昔のモノクロのどろろ、動画枚数はおそろしく少なそうなんですけど、カット
割りとか台詞回しとか劇伴の入れるタイミングとか、なんかスゲーんですよ。
70年代ころのアニメって、いまの若い人が見たら、作画は荒いし動画枚数
は少なくてカクカクと雑な動きかも知れませんけど、文字では説明できない
独特の空気感があったように思うのですが、それは「タイミングの巧さ」な
のかなぁ~なんて、素人なりに分析してたりします。
やたら字幕とかナレーションで説明するアニメは、やはりどこかイマイチ。
さて、新しい「ベム」は、どうなりますやら。
ベムに髪の毛が生えてるし、ベラは普通に可愛い子ちゃんだし、もう「早く
人間になりたい」て言う必要、ないんでは?という。


>古くて珍しい洋画 「戦争ゲーム」 見ました。
1970年製作のハリウッド映画。日本未公開なのだそうですが、なぜかソフ
ト化されまして先日、初めて見ました。こんな映画、あったんですね。
はてさて、どんなんかなー。
戦争映画かと思って見たら、現代劇(70年代当時の)でして、ちょっと郊外
の「陸軍基地のある街」の軍人さんたちと住民とのトラブルを扱った内容で
すが、深刻なものではなく、軽いコメディといった感じでした。カラー作品。
主演はマリリンモンローの「お熱いのがお好き」でジャックレモンと一緒に女
装していた姿が印象的なトニーカーチス。女優ジェイミーリーカーチスの父
ちゃんですな。共演は「荒野のガンマン」のブライアンキース。劇伴はペキン
パー監督の「ワイルドバンチ」や「わらの犬」で名前を覚えましたがジェリー
フィールディングでした。「ダーティーハリー3」も、この人。「3」って、どんな
内容やったかなー。最後にバズーカ撃つやつでしたっけ(雑な記憶)。
「基地のある街」というのは、軍人さんが街のバーやなんかに繰り出して
酔っ払って民間人の若い女性にちょっかいを出したりして、街の青年たちと
モメたり、商店街や自治会長さんなんかから反感を買う、という感じは、
同じアメリカ人同士でも、アメリカ国内でも、こういうことがあるんやなーと
今さらながらに知ったような、そんな内容です。この映画の舞台になる街
は特に風紀が厳しいと言う設定で、1970年の時点で「ゴミや吸い殻のポ
イ捨ては厳罰」みたいなのは、へぇ~と関心しました。
1970年の日本て言うたら、まさに大阪の万博の年で、ジャイガーが暴れ
たり、あしたのジョーのアニメが放送されたりしてた年ですって。
で、この映画では、ドンアメチー演じる基地の司令官が、もうすぐ定年退職
なので軍歴に傷をつけたくなく、軍の兵士たちと町民とのトラブルを解消
して和解する方法は無いかと思案して、ベトナムの戦地で戦車隊の指導教官
として功績のあったブライアンキースを招聘して「町民との融和政策担当」
という面倒な任務を任せるところから始まります。で、着任してみたら
戦友で仲良しのトニーカーチスが居て、喜んだのもつかの間、トニーカー
チスは基地では酔っ払いの女たらしとして、どうしようもないダメ兵士とし
て軍人たちからも街の人からも疎まれていた。特に街の保安官アーネスト
ボーグナイン(いよっ!待ってました)とは犬猿の仲で、ボーグナインが妹の
ように可愛がってる街の女にトニーカーチスが手を出そうとして、一触即発。
字幕スーパーのみで吹き替えなしのソフトで視聴したんですけど、もう、どう
見ても「広川太一郎と富田耕生が丁々発止でやりあってる」ようにしか聞こ
えませんでした。脳内自動吹き替え装置が作動しました(笑)。
ドンアメチーはブライアンキースを厳しく叱り、街の人たちと軍人たちを仲良
くさせるイベントを企画せい、と命令。市長や町会長さんを飲み会で接待し
たり、奥さんを連れてダンスパーティーを開催したり、本来はカタブツの軍人
のブライアンキースは、社交的な付き合いが苦手で、どんどんどんどんストレ
スがたまっていってしまう。
そんな時に、トニーカーチスが街の娘をくどいてる最中にボーグナインが
因縁をつけて乱闘、公務執行妨害でトニーは牢獄に入れられてしまう。
ついにブチ切れたブライアンキースはベロベロに酔っ払った勢いで基地から
戦車を強奪(セリフでも「タンク」と呼んでいましたが正確にはM7 プリースト
自走砲です)して、街なかを突っ走り、トニーの収監された牢獄を破壊しよう
とします。それを止めようとする保安官部隊がパトカーでバリケードを作って
も、まるでペーパークラフトかのごとくクシャクシャに踏み潰して戦車は進む。
ぶち殺してやる!と叫んでショットガンを構えるボーグナイン!!
テヤーッ!! バリバリバリーッ!!! 必殺!飛燕一文字五段蹴りー!
さてさて、どうなりますか、この結末。
ここでお時間となりました。

本日のエンディング曲は「ハートブレイク太陽族」です。らた毎週!!
 

次の新しい元号を考える。

 投稿者:2G  投稿日:2019年 2月19日(火)14時54分58秒
返信・引用 編集済
  私、いいこと思いついたんですが、次の元号が何になるのか皆さん興味が
おありかと思いますけども、ここはひとつ、もいっかい「昭和」でいく、という
アイデアは、いかがでしょうか?(笑)
同じものを2回はダメ、ということなら「昭和2」とか「続・昭和」とか、いっそ
「帰って来た昭和」で、通称は「新昭和」と「帰り昭和」派とに分かれて、なん
年後かに呼称が「昭和ジャック」で落ち着く、みたいなのは。
(←あっちこっちから怒られそう)

だって、あーた、いま私が作ってるプラモ、クラッシャージョウのファイター1
に、サバロフニコラエフに、Rジャジャにジェガンとか、ですよ?
80年代の古いプラモをシコシコ改造してるんじゃなくて、どれも近日発売
になった新金型の新製品、なんでございますからね。いつの時代なのかと。
このまえ買ったプラモも、ダブルゼータのリゲルグとかガズR/Lとか、今度
出るのがMGのドワッジとか、言うてはりますやん。昭和ですやん。
ダイビングビートルも発売になりましたで~。
ほんでボーンフリー号とか、スターデストロイヤー とか、いろいろ出まっせ。
昭和だワッショーイ!!
2025年の大阪万博は、1970年の大阪万博をまるごと完全リメイク、とか
のほうが、喜ぶ人が多いんじゃないか?みたいな(笑)。
ほんで敷地に余裕があったら、こっそり奈良ドリームランドとか琵琶湖タワー
とかも施設まるごと復刻したら面白いんじゃないだろうか。オリエント号で
お昼ご飯を食べたら、ドラゴンコースターに乗って、ひと風呂あびて、宿泊
宴会、大人も子供も、楽しさいっぱい!!! そしてお土産売り場でガンタンク
のプラモの箱を両手で上に高く持って嬉しそうに走る子供!! これだ!!
昭和万博会場の中では、通貨もすべて旧札になって、岩倉具視の500円
の札とかも普通に流通してるようなのは、どうか。いやはや懐かしいねぇ。
気持ちが懐古趣味に傾くのは現状が上手くいっていないから、単に現実逃
避しているだけ、と、確かに言えるとは思いますが、SNSに疲れたような人
たちや、生き馬の目を抜く情報社会の競争についていけなくなった人が、
どんどん出て来て、その先は古き良き懐かしさを求めてしまうような気がし
てなりません。なぜなら、機械は疲れを知りませんが、人間はどんどん老い
て鈍くなっていくからです。いまスマホを使いこなしている若者たちも、次
世代の機械になる頃にはレディースアーンドジェーントルメーン&オトッツァ
ン&オッカサンになって、ついていくのに必死になるでしょう。
そして何よりも、機械がどんなに進化しても、人間の心の奥底の妬み嫉み、
虚栄心や差別の心が、消えて無くなることはないのです。

「科学が行き過ぎると、やがて、石オノで獣を追い回していた時代が懐か
しくなる」と、ペガッサ星人も言っていました。
ほんで、ペガッサ星人が石オノで動物を追い回していた原始時代って、ど
んな姿をしてたんだろう? あのシュモクザメみたいな顔で、サルみたいな
毛むくじゃらの体でシッポとか、あったんだろうか? とか考え始めたら、
夜も眠れなくなっちゃう。と三球照代師匠っぽく締めくくってみた。
(あいかわらず支離滅裂)
 

「お師匠さん、ごめんなさい」について考える。

 投稿者:2G  投稿日:2019年 2月15日(金)15時12分30秒
返信・引用 編集済
  毎度、古い話で恐縮なんですけども。。。
たぶん今から30年くらい前でしょうか。雑誌の通販の広告で、「三味線入門
セット」みたいな商品が出ていまして、そのキャッチフレーズが「お師匠さん~」
だったのです。なぜ、謝っているのかと申しますと、三味線を今から始めようと
思ったら、まずちゃんとしたお師匠さんに弟子入りして、何年も何年も修行して、
それで一人前になれるかどうか、といった非常に厳しい芸事(げいごと)の世界
の常識、しきたりを無視して、その通販の商品は、自宅で、ど素人が、誰かに
弟子入りもせず、三味線が弾きこなせるようになっちゃう、というのが“ウリ”な
のです。お師匠さんに教えを請わずに勝手に上達しちゃって、ごめんねテヘぺ
ろ、という意味です。

気になるセットの内容は、まず、初心者でも購入しやすい手頃な価格の三味線
本体と、予備の弦とか、クリーナー的な、メンテナンスキット類一式、それと親
切丁寧な教科書、あと実際にプロの人がお手本を弾いている音源が収録され
ているカセットテープ(カセットというのが時代だね)、そして、目玉が、普通なら
絶対にありえない、三味線の音階を出す柄の部分(専門的にはサオ、ギターで
言うところのネック)に、ペタッと貼る、音階早見表みたいなのがオマケで付属
しているのです。これ、大したことないように思われるかも知れませんけど、本来
はツルツルで何もない板状の部分を左指で押さえることで自在に音階を出すの
が三味線であり、それを自在に使いこなせてこそが修行の成果なわけですが、
そこを開き直って音階をカンニング(?)しちゃおう、という。見たら、どこを押さ
えたら、どの音が出るのか、すぐ分かる、ということです。
合理的に見れば便利で効果があるなら使えばいい、ということになりますが、
伝統楽器という面から見ると、邪道としか思えない。

私は、結果が重要であってプロセスは(他人に迷惑をかけない限り)どうでも
問題ない、と思うほうなので、なるほどこういう商品もアリだなと、当時思った
ものです。と、ここまでダラダラ書いていて申し訳ないが、私は、肝心のその
三味線セットは買っていません(爆)。というか三味線に興味もないです。
実際にそれを買ったわけでもなく使っている知り合いも身近に居ないので、
それで本当にお師匠さんも驚くほど上手くなれるのかは、知りません。

時を経て、数年前、親戚の子供が「エレキギターを弾けるようになりたい」と
相談してきたので、私の昔のバンド仲間で使っていないエレキギターを持って
いる人がいるのでお願いして借りてきて、保存状態が悪かったので、楽器屋
さんにエッチラと担いで持って行って、修理してもらい、ケースやらピックやら
交換用の予備の弦やらの周辺物一式、それと、本屋さんをあちこちハシゴし
て、一番入門者に優しそうな教本(指導DVD付き)と、チューニングマシンを
買ってやって、その子に渡しました。
「ギターぐらいオマエが自腹で買ってやれや」というご意見もあるかと思いま
すが、貧乏なので余裕がありませんし、できれば使う人、本人が「この機材が
欲しい」と思ってバイトなり貯金なりして買ってもらうのが、最も愛着もあり上達
もするであろう、と考えて、さらには「借り物=期限がある」という若干のプレッシ
ャーも感じてもらいたい、というのも狙いでした。早く上達して「これよりいい道
具を自分で買う」と思うようになって欲しいという、願いも込めて。

で、大変感謝してもらって、頑張るわ、と本人が言っていたので私も期待して
いたのですが、数年後、様子を聞いてみたら、ギターはホコリかぶったままで
全っ然、マスターできていない、という話(爆)。本人いわく「まだ本気になって
いないだけ。」みたいな、絵に描いたようなダメ少年だったのでした(笑)。

結局のところ、本気で自分が楽器をマスターしようとするなら、まず自分でバ
イトでもなんでもして欲しい楽器を買い、身の回りに上手い人を探して教えを
請い、毎日ヒマさえあればひたすら練習する、もう、これしかない、と思います。
「なんとなく始めよう」「楽して上手くなろう」「ゼニは使いたくない」なんてこと
を最初の最初に思うような入り方をして、ホントに自分の思う通り上手くなれる
人って、絶対に居ないとは言わないけど、ごくごく僅かの天才だけではないか?
と思います。
どんな親切な入門セットを買ったところで、触らなければ永遠に上達しない。
たぶん、楽器に限らず、スポーツでも似たような事が言えるのでは。
バットもグローブも無ければ野球は始められないし、持っていても素振りも
キャッチボールもしなければ、上手くなるハズがありません。

先日も書いていましたが「初心者に優しいプラモが無い、これでは間口が
狭くなるだけで、業界の将来を支える若年層の、次世代のユーザーが育
たない」という、ベテランの模型愛好家の意見を聞いて、なるほどこの人は
心から模型カルチャーを愛して、将来のことまで案じているのだという、ひた
すら純粋な熱い想いは伝わりましたが、果たして「初心者向けのプラモ」とは、
なんぞや?ということを、ごく単純に、疑問に思うのであります。
初めての人が何の修練もなく、いきなりベテランの完成品に匹敵するような物が
作れる夢のプラモ、なんて商品が、この世にあるんだろうか、と。
乱暴に言うと「できないヤツは何をやってもできない」「やろうとする人は、どん
な厳しい状況でも、やろうと努力する」のではないか、ということです。
いま現在の自分のスキルでは組み立てられない複雑なプラモが目の前に
あったとして、それを今すぐ、完璧に完成させる必要なんて、ないのです。
数をこなしてるうちに、前には作れなかったキットも、いずれ作れるようになる。
まぁ、中には、何年かかってもムリ、という超ブキッチョな人もいるのかも知れ
ませんが、何年経っても情熱が失せていなければ、その人は大丈夫でしょう。
「どうしても今、その完成品が欲しいのだ」という欲求が強いのなら、バイトで
も借金でもして製作代行か完成品購入すればいいでしょう。昔はそんな商売
が無かったけど、今はあるんだから。利用すればいいだけの話。
「それじゃプラモを作ったことにならない」と怒られるかもしれないけど、本人
の問題。そもそも「完成させなきゃダメ」という趣味でもないような。
他人がヤイヤイと世話を焼いたとしても、ギターや三味線は本人が練習しな
ければ絶対に上達しませんけどね。
 

レンタル掲示板
/104