teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日最終日「あると市 十二月の ジェントリーな夜」

 投稿者:劇団サイドビジネス  投稿日:2012年 3月11日(日)09時17分15秒
   「あると市 十二月の ジェントリーな夜」  劇団サイドビジネス 番外公演  劇作 山本浩之、演出 渋村晴子、<CAST> 山本権蔵、加藤敦洋(劇団ギルド)、風村綾乃(ぷろだくしょん☆A組)、阿南さとし、<STAFF>    舞台監督 堀本浩由、装置 寺内美紀子、照明 外薗浩嗣、照明サブ 野原裕司、音響効果 山本浩之、音響オペ 中川昌博、衣装メイク 藤原律子、小道具 誰太郎  <イラスト・チラシ製作>奈良タカヒコ <企画・製作>劇団サイドビジネス  <スケジュール>2012年3月9日(金)19:30~   10日(土)  15:30~ 、19:30~  11日(日)   13:00~ 、 17:00~  ※開場は開演の30分前です。 <場所>アートシアター かもめ座   地下鉄丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から青梅街道を荻窪方面へ徒歩5分。番外公演の為上演日、上演回数が少なく、日にちによっては混雑するかも知れません、席に座れなかったら立ち見になっちゃいますがその時はゴメンナサイ・・・

http://blog.livedoor.jp/sidebusinesso37/

 
 

公演のお知らせ / 西南学院大学演劇部

 投稿者:馬場祐平メール  投稿日:2012年 3月 6日(火)03時05分16秒
  度々の書き込み失礼いたします。
西南学院大学演劇部の馬場と申します。
今回は来る4月にございます、新入生歓迎公演のご案内にまいりました。

西南学院大学演劇部 2012年新入生歓迎公演



『表に出ろいっ!』

作:野田秀樹  演出:白石夏子


日時:2012年 4月4日(水)18:30~
          4月5日(木)18:30~
         4月6日(金)18:30~
         4月7日(土)13:30~


 *開場は開演の30分前です。


場所:西南学院大学内 西南会館3階 大集会場

料金:前売り券 300円 当日券 500円



チケットのご予約、折込依頼等はこちらまで
seinan_act_club@yahoo.co.jp(ヤヒロ)

貴重なスペースありがとうございました。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

西南学院大学演劇部
八尋
 

『マクベス』キャストオーディション

 投稿者:別世界カンパニー  投稿日:2012年 2月27日(月)22時01分46秒
  スペースお借り致します。
別世界カンパニーより、オーディションのご案内をさせて頂きます。

別世界カンパニー公演

『マクベス』キャストオーディション

○麻布十番『アトリエ・フォンテーヌ』閉館・ラスト公演!要キャスト募集!


■内容:

最終公演を飾る別世界カンパニーでは、名作『マクベス』を上演。マクベス役は、商業演劇等、役者としても、ガッツ石松・さとう珠緒等と共演・活躍している伊木輔(元蜷川カンパー)が演出・主演を務める。マクベス夫人、マクダフ、バンクォー役達を含む全メインキャストを一般公募する。才能や個性を重視するため、経験は不問。

■資格:経験・年齢不問

■応募方法:オーディション用紙(必要事項と未成年者は保護者の同意文明記)に、写真2枚(全身・上半身各1枚)を貼り付け郵送。

■締切:2012年:4月14日必着。


■選考:第1次審査=書類選考(合格者のみ通知)

最終審査=4月21日(土)簡単な読み合わせ等。

■合格後:

  稽 古:5月3日(木・祝)顔合わせ、稽古開始。

本 番:6月6日(水)~6月10日(日)

■備考:審査料なし。チケットノルマあり。ノルマ以上バックマージンあり。

   (4000円×0~30枚)

■URL:http://www.bessekai.com


■問合せ:bessekai_mail@yahoo.co.jp

 

夏の夜の夢キャストオーディション

 投稿者:別世界カンパニー  投稿日:2012年 2月26日(日)17時23分18秒
  突然の書き込み失礼致します。
私ども別世界カンパニーでは次回公演を行う舞台への出演者様を募集させて頂いております。


夏の夜の夢キャストオーディション

才能や個性を重視するため、経験は不問。

元蜷川カンパニーの伊木輔が作・演出を手掛け る別世界カンパニーでは、 多くの人に舞台出演の場を提供すべく、名作 「夏の夜の夢」の公演を行う。 新訳・新演出にて、パック役、ボトム役、若者 たちを含む 全メインキャストを一般公募する。

■資格 12歳~70歳の健全な男女

■締切 2月29日(水)必着

■選考 1次審査/書類選考(合格者のみ通知。2 月29日必着) 最終審査/2012年3月4日(日)、都内にて面接・ 読み合わせ等。

■合格後 稽古=2012年3月11日(日)より顔合わ せ・稽古。 本番=4月19日(木)~4月23日(月) 劇場:タイニイアリス(新宿)

■備考 審査料なし。チケットノルマあり(3500 円×20~30)。 ノルマ以上はバックマージン(ギャラ) あり。

■応募方法・応募資料 オーディション用紙(必要事項と未成年者は保護 者の同意文を明記)に、 写真2枚(全身・上半身各1枚=3カ月以内に撮影) を貼付し郵送。 別世界カンパニーHP(http://www. bessekai.com/)からも応募可。

■問合せ:bessekai_mail@yahoo.co.jp

■宛先 〒161-0034 東京都新宿区上落合1-30 -14大関ビル3階 別世界カンパニー総合事務所『夏の 夜の夢』オーディション係

乱雑ではございますが、以上となります。
ご応募心よりお待ち致しております。
 

学生MC及び学生MCアシスタントを大募集開始!!

 投稿者:全日本学生アナウンス協会運営事務局メール  投稿日:2012年 2月 4日(土)14時58分28秒
  突然の書き込み失礼します。

自称“学生アナウンサー募集”のお知らせ

現在オーディション開催中!
「現役学生アナウンサー&学生アナウンサー志望者」大募集中!

募集案件:
全日本学生お笑い協会主催
「第6回 全国大学生お笑い選手権 お笑いD-1グランプリ2012」
大会の司会進行(MCならびにアシスタントMC)を募集しております。
※応募は大学生の方に限ります(実力に応じてMCおよびMCアシスタントを決定致します)。

MC、MCアシスタント募集
オーディション参加希望者は必要事項「氏名・性別・年齢・学校名・所属倶楽部orサークル等・所属事務所(無所属の場合はフリー)・住所・連絡先・メールアドレス・志望動機・自己PR」そして“D-1グランプリ2012MC募集係”と明記の上、メール(mail@gakusei-announce.com)にてお申し込み下さい。

※VTR審査も可(遠方の方への対応として、VTRでも審査を行っております。)
※具体的なオーディション情報(日時・場所等)はオーディションに参加して頂く方へのみ、随時メールにてご返信させて頂きます。ご了承ください。

詳細はこちら↓
http://gakusei-announce.com/
皆様からのご応募お待ち致しております。


※全日本学生アナウンス協会は
  学生のアナウンサー志望者の実力アップを目指しています!


全日本学生アナウンス協会運営事務局
オーディション協力:全日本学生お笑い協会

http://gakusei-announce.com/

 

ロサンゼルスで演劇留学をしませんか?

 投稿者:北爪聖也メール  投稿日:2012年 1月27日(金)10時38分22秒
  はじめまして、宇都宮大学二年生のロサンゼルス演劇スタジオ・エッジマーセンターでインターンとして働いている
北爪聖也と申します。

現在大学を一年休学し、ロサンゼルスに演技と英語を学びに来ています。

この度は、演劇留学を考えていらっしゃる方がいたら幸いと思いメールを差し上げました。

エッジマーセンターは、最短6週間から演劇留学が可能です。また6ヶ月以上の長期留学をお考えの方
はM1ビザのサポートを受けることが出来ます。

私自身、エッジマーセンターで6ヶ月の演劇留学を経験し、本当に貴重な経験を得ることが出来ました。
恐縮ですが、私のブログに経験談を載せておりますのでご興味があれば、ご覧下さい。下記になります。
http://ameblo.jp/yfdumgqp/


ご興味があれば、ご連絡下さい。
 

(無題)

 投稿者:アカデミー  投稿日:2011年12月22日(木)20時38分23秒
  こんにちは。九大アカデミーです。毎日のサークル活動お疲れ様です。突然の書き込み、失礼します。九大アカデミーでは現在家庭教師をしてくださる方を緊急募集しています。冬休みを前に生徒さんのご入会が増えており先生が不足している状況です。ご登録頂ければすぐに、生徒さんのご紹介ができます。是非とも九大の学生さんの力をお貸し下さい!

(弊社の理念) 弊社はフリースクールからスタートした会社で、現在は塾及び家庭教師の派遣を行なっています。理由があって学校に行けない子どもや、経済的な理由で手厚い教育を受ける機会に恵まれない子供たちに、少しでも低廉な価格で教育サービスを提供しようというのが設立時の理念です。学生の皆さんが受けてこられた教育の成果を、少しでも社会に還元して頂ければ、大変嬉しく思いますし、是非そのお手伝いをさせていただきたいと考えています。

(業務内容)   小学生~高校生への個人学習指導
(勤務日数)   週一回から津都合に良い曜日に勤務可能
(勤務時間)    18~22時の間で1~2時間程度。時間帯は応相談。
(時給)     最低保証1500円~ ※交通費全額支給

(当センターの長所)
好きな曜日、好きな時間で指導することができ学生生活との両立をバックアップします。登録は当センターのホームページ・下記の電話からご登録頂けます。

お問い合わせ先
九大アカデミー 事務局 (0120)-963-353
精一杯のバックアップをしております。お気軽にお問い合わせ下さいね。

PC用  http://www.k-acd.com/
携帯用 http://www.k-acd.com/m/
 

岡田力様ほか、歴代の九大演劇部員のみなさまへ

 投稿者:花雅美 秀理メール  投稿日:2011年11月26日(土)19時16分17秒
 


 このたびの岡田力様の丁寧なお言葉に恐縮しております。
 ひとまず「お礼」をというささやかな気持でしたので、恥ずかしいやら驚くやら……。

 貴演劇部とのご縁は、2001年の秋に始まりました。その後、「学祭のテント小屋」をはじめ、「春季」「卒業」その他(ぽんプラザホール、大橋キャンパス等)での公演等、80本近い作品を鑑賞させていただきました。

 この10余年間に、「キャスト」や「スタッフ」そして「脚本家」や「演出家」として携わった多くのみなさんとご縁があったことになります。それぞれ役者として、また裏方として、ときには脚本を書き下ろし、また演出に励みながらその情熱とエネルギーを注いで来られたわけです。

 四人の子供を持つ私にとって(一番下の娘は、現在私大4年)、演劇部員のみなさんは「青春のただなかに身を置く芸術群像」であり、いろいろな意味で成長されていくお姿を陰ながら拝見してまいりました。

  その歴代のOBやOGの方々を諸公演の際にお見かけするとき、粛々と受け継がれていく「部の伝統や格式」と、尽きることのない「豊かな人脈」を感じます。

 それにしても、今回あらためて「テント小屋舞台」の魅力を痛感しました。あの「微小空間」から「時空」を、そして「現実」と「空想」を超えて造り出され、活き活きと動き始める世界――。

 何よりもそれを「生み出す優れた感性や想像力」、そしてそれを「舞台という一つの造形」へ創造していく歴代の演劇部員各位の真摯な努力や情熱、そして若さや使命感のようなもの……。私が惹かれるのは、まさにそこにあるのかもしれません。

 岡田力様。そして野口恵美様。来年の3月にはご卒業なさるとのこと。
 もちろんその際の「卒業公演」には、ぜひ参加させていただきます。今からその日を楽しみにしております。

 最後に、このたびの「テント小屋公演」に尽力された演劇部員のみなさんと、そのみなさんを見守り、また支えて来られた歴代の演劇部員及び関係者各位に対し、あらためて賛辞と感謝の言葉を申し上げます。 深謝再拝

                                                  花雅美 秀理  かがみ しゅうり 
 

                          ◆前回触れましたように、私のブログではこのたびの「テント小屋公演」について綴っております。
                            ブログへは 花雅美秀理 でお入りください。

 

ご来場ありがとうございます

 投稿者:岡田 力  投稿日:2011年11月25日(金)18時02分59秒
編集済
  花雅美 秀理 様

いつも九州大学演劇部の公演にお越しいただき誠にありがとうございます。
九大祭では強風で開始が遅れた中、公演時間の変更などでご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

九大祭は去年より期間が3日間から2日間に短縮され、また西区伊都キャンパスでの開催ということもありまして
どうしても公演数を減らさなくてはならず、今年は4作品ということになりました。
その分一つ一つの作品にかける時間は多くなっております。
作品の数は少なくなりましたがお客様に以前同様にお芝居を楽しんでいただければという思いでございました。

わたくし個人といたしましては、本年度で大学院を卒業する運びとなりました。
花雅美様にはわたくしどもの作品に何度も足を運んでいただきましたこと、深く感謝いたします。
また最後の年にこのような感想賜りましたこと、重ねてお礼申し上げます。

今回脚本を書きました野口恵美及びわたくしは、来年3月に卒業公演を予定しております。もしお時間の都合が
ございましたら是非、お越しくださいませ。

ご来場、誠にありがとうございました。

岡田 力
 

“テント小屋” is “Less is more.”

 投稿者:花雅美 秀理メール  投稿日:2011年11月21日(月)19時14分44秒
   昨日の「九大祭大テント公演」に参加できたことを嬉しく思います。その幸運とスタッフ及びキャスト各位に感謝し、敬意を表します。昨年参加できなかっただけに、今年はどんなことがあってもとの気持ちでした。それでも急用が入りそうになり、危ういところでした。

 全四作品を制覇するつもりでしたが、大園さんのものを観ることができずに残念です。それにしても、一昨年までは「一時間に一本」のペースでしたね。多い年は確か7本くらいあったように記憶しています。しかし、今年は50分から60分物が4本。40分前後が多かった昔に比べ、かなり内容の濃さを感じました。まさに、あっと言う間の「時空間」でした。

 岡田力、浜地泰造、野口恵美各氏の「作品」は、以前にその作・演出をいくつも観ていただけに、お三方の成長を感じることができました。詳しくは私のブログでと想います。ただし、いつになるか判りませんが……。私はなぜか「テント小屋」が大好きです。「テント小屋」に来るたびに“Less is more.”という「或る建築家」の言葉が浮んできます。深謝 Shuri kagami
 

レンタル掲示板
/18