teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


展示会済んで日が暮れて

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月24日(月)17時03分39秒
返信・引用
  昨日、一年間の総決算の恒例の模型展示会が終了しまして、心地よい疲労感にひた
りつつ、また本日から気持ちを入れ替えて、面白くない本業の仕事におつとめちうです。
展示会は毎年恒例で直前のギリギリまで作業して、2時間だけ寝て、眠たい目をこす
りながら、会場の設営に出発。段々と体力的に無理を感じています。
次シーズンは極力計画的に、前倒しに作業を進めて、前日のバタバタを回避したい
と思っていますけども、はたして。。。いつも見苦しい最後のアガキをしてしまいます。
で、会場設営の朝、完成作品を収めた箱(だいたいマスターグレードの箱くらいの
サイズの段ボールの小箱を10個くらい)を、登山に使うような背負子(ショイコ)に
ゴムひもでグルグルにくくりつけて、アンデスのシェルパか富士山の売店に商品を
補充しに登って来るおじさんか、みたいな姿で、ママチャリに乗って早朝の街中を
走行するんですが、とにかく格好悪い(笑)。恥ずかしいので休日の朝の住宅街で
歩行者は少ないとはいえ、なるべく人通りの少なそうな道を選んで、会場へフラフラ
と向かうわけです。はい、すっごく恥ずかしいですよ(笑)。年に一度の試練です。
そしたら今回は、向こうから恐い感じの濃いサングラスのお兄さんが、じーっと私の
ほうを見てる。サングラスなので目つきは分からないけど、なんとなく睨まれてる
ような感じ。珍妙な姿のママチャリ男を、不審に思ったのかも知れません。
どんどん接近。やはり私を睨んでいる感じ。なんか恐いなぁ。殴られるのかなぁ。
こっちから視線は合わせないようにしよう。と思ってママチャリをこいでいると、
そのお兄さん、すれ違いざま「おっさん、この道、逆走やぞ!」と、まさかの交通マナー
違反を注意されました。うひゃ~! こりゃ思いもよらなかったっす。
まぁ確かに、左折をする時に進行方向の信号が青になったので、先に向こう側に
渡ってしまったほうが、この先に渡る信号が遠いので目的地には早いと横着して、渡
ってからそのまま右側の車線を進んでいた私が悪いんですね。もちろん大荷物だし
歩行者に迷惑かけんよう、人の少ない側を選んだというのもあるんですけども。
てっきり恐い人がインネンつけてくるのかと思ったら、真面目なご注意を頂いて、
なんともこれは恐縮でございます。おっさん、面目ございません。
そんなこんなで会場に到着すると、毎年、他の参加者に「陸ガンが来た」と笑われ
るのも、恒例行事になっております(言うまでもなく陸戦ガソダムの背中のコンテナ
みたいな荷物や、ということですな)。
自分が企画した展示のメイン特集に関しては、参加メンバーの皆さんが頑張ってく
れたおかげで、かなりのボリューム感、見に来て下さった方々も楽しそうに見て下さっ
てるようで、良かったなぁと安堵いたしました。フタをあけてみるまで、どのくらいの
点数の作品がどんな感じに並ぶか、当日に設営してみるまで分からないので、
開場前はバッタバタしておりますが。
全部で約240作品、ほぼ全部が、この1年間に完成した新作、私はそのうち45作品
くらいを並べました。先日まで焦って作っていたのは、なんとか当日の朝にすべて間に
合いましたので、展示中、まだ塗装が乾いていないのもあったかも(笑)。
実際のところ仕上げがかなり雑なのもあり、まさに“お目汚し”なものもあって反省
しておりますが、会場全体のボリューム感アップに貢献できただけ良しとします。

ということで年に一度の祭りが終わって帰宅して、ずっと我慢してたアンドロメダを
速攻で開封~(笑)。12000円もするしパッケージもデカイので、パーツ数が多いと
誤解してる人もいるかも知れませんが、1個1個は大きいけどパーツ数としては、全然
たいしたことありません。じっくり腰をすえる間もなく、あっというまに、おおよその形に
なってしまいました。
前回「発光ギミックなしの廉価版なんて、出ないのでは」と書きましたけども、実際に
組んでみると、波動砲の奥の発光ユニットの代わりのダミーの透明パーツ、あと
船体をディスプレイ台座に接続する穴をふさぐ舟底の穴隠しパーツ、あと展示台の
前面に発光させるスイッチ類が並んでいますが、発光の回路と電池ボックスが合体
したメカを入れない場合には、スイッチ類が並ぶ部分には四角い穴があくので、そこ
にフタをして「ただ飾るためだけの台」にすることも可能で、それら3ヶ所に相当する
パーツは説明図では「不要パーツ」としか書いていませんけど、なるほど、これは
後から「光らないバージョンも発売できるようには、なっている」んだなぁと。
廉価版(安くなる)かどうかは分かりませんけど「光らせない状態のプラモとしても
売ることができる」ようには、なっていたんですね。なるほど。
問題の発光ギミックですが、先にエンジンを始動しないと、波動砲が発光できない
「凝ってるけど、面倒くさい」こだわり(笑)。もちろん、意図的にこだわってそうしている
のが分かりますからダメと言っているわけではないです。波動砲を撃つ間は、エンジン
部分の発光が消え、発射の音と光がすべて終了してから、ワンテンポ送らせてエンジ
ンがポワッと再び光る、という、凝った段取りを再現してあります。
波動砲の発光のボワボワボワ・・とためてピカーっ!とくる一連は、思わずほほーっと
ニヤけてしまう楽しさ。しかし、この音声の悪さは、どうしたもんですかねぇ。
これはスピーカーが、相当に安物ということなんでしょうかね。クレーンゲームの景品
でキャラクターの絵のついたスピーカーみたいなのを中古オモチャ店で買ったことが
あるんですが、そんな感じ。最もコストの安いスピーカー、っていうような音でした。
どこかにアウトプットできるジャックがあって、自分で、もうちょっと性能のいい安い
スピーカー(デスクトップパソコンにつなぐようなので、安くても割といい音の出るの
があると思うんです)を買って来て外付けできるようになっていれば良かったですが。
おそらく電気に強い人なら、外に別スピーカーを繋ぐ工作をすると思います。私はムリ。

 
 

ホールズワース先生が死去。

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月18日(火)18時45分29秒
返信・引用
  ちょっと前にジョン・ウエットン氏も亡くなってしまったし、もうUKの再結成は絶望。
昔のロックばっかり聴いてるので、当然、好みのプレイヤーの皆さんの多くが亡く
なってたりするもんな~。過ぎ去った時間は戻らない。仕方ないけど、寂しい。
最後の望みは、DギルモアとRウォータースが共演するピンクフロイドかな~。
再結成のウワサですけど、日本にまで来てくれるのかどうか。
 

もう「ジュウイチレンジャー」デス

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月17日(月)16時43分50秒
返信・引用
  キュウレンジャー、番組が始まってから、まだそんなに経っていないような気が
するのですが、主役の9名に、早くも2名の戦士が追加になって、合計11人
レンジャーになっちゃっています(笑)。キョウリュウジャーが最終的に12人チーム
になったという前例はありましたが、半分は霊魂とか、活動限界があるような
助っ人的なメンバーという形でレギュラーとは区別されていましたが、今回のは
特にそんな仕分けがあるようでもなく、では「9人でキュウレンジャー」という定義
は、もう、どうなっちゃったんだろか?みたいな。。。最後まで完走できるんかな~。
一方エグゼイドは久しぶりの女性ライダーが参入してきて、お色気不足を何とか
してくれるのかと思ったが、アクターさんは男性のようで、ガッカリ(笑)。
(←変態オヤジでごめんね~)
先日ふと懐かしいのが見たくなって、ダイレンジャーの途中の何話かを見てい
たのですが、番組名物となった敵怪人の「ゴーマ3ちゃんズ」を改めて見ると、
やはり何ともシュールでビジュアルが面白い。おそらく3匹とも、それなりにシリア
スな役どころの普通の恐い系の怪人として、単独でデザインされていたものを、
ストーリーの流れで強引に3人セットにしてしまったのでは、ないだろうか。
特に墓石社長という、墓石がモチーフの怪人は、和風でなく西洋の墓石をデザ
インのベースにしてあり、家電話の女怪人(電話先生)と暴走族バイクの怪人(神
風大将)の2人、どっちかというと和(というか日本文化)の怪人と一緒に並ぶと、
違和感がありすぎる。(その違和感が抜群に面白いのですが。)
電話先生の電話機をモチーフにコルセット風なスカートにしたデザインは秀逸。
悪魔くんのマネキン妖怪の親戚のような、東映伝統の不気味オモロを感じます。
神風大将も「バイクの怪人が実際にバイクに乗って運転して走る」という、普通
では考えつかないような天才的な発想が、もう素晴らしすぎる。
そして悲しいことに、家電話も、ロケットカウル(丸っこい形の風防)を装備した
暴走バイクも、もう実物を目にする機会はどんどん無くなり、元になったモチーフ
が理解されない時代になってしまいました。スマホでは、ただのシンプルな板っ
きれ状態ですから、怪人や怪物のモチーフになりにくい。面白くないなぁ。
スーパー1に出てきてたビデオンなんかも、もう元ネタが若い人には分からない
時代になってしまったですね。ビデオデッキの怪人ですから。
いやとにかく近年の着グルミ怪人はデザインも凝っているしスーツの造形も
複雑な形状なのに自在にアクションをこなして、とにかくすごく研究して作って
おられるのは毎回感心していますが、3ちゃんズほどのインパクトを感じない。
子供が落書きで何となく描けるくらいのにプラスアルファ、くらいの凝り方で
いいのではという気もしています。文句を言ったらバチ当たりますが。

 

松山さんと塩山さん

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月14日(金)13時44分23秒
返信・引用
  えええ~?
つい先日、作曲家の松山さんが火事でお亡くなりになったとかニュースで
読んだ気がしたのですが、今度は塩山紀生さんも火事で・・? まさかそんな。
信じられません。。
塩山さんの描かれるキャラクターは、すごく好きなんです。描きおろしの
イラストの時の淡い水彩みたいな彩色も好き。
 

♪ちょっ・ぴぃ~り・ケッチ~~で、綺麗好きぃ~~

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月13日(木)15時30分50秒
返信・引用 編集済
  ・・おいおいおい、それは「松山」のほうじゃねぇか。というボケをかませる世代も
すっかり高齢化してきておりますね。いやだなぁ歳とるの。しみじみ。

>必撮さん
おお、お久しぶりでございます。お元気そうでなによりです。

テレビで葉山さんが亡くなられたニュース見てたら、ちゃんとウルトラの母のシ
ーンが紹介されていて、やはり(母を演じておられたことは)有名なんだなぁと
改めて思いました。
私は葉山さんは「歌手」ってイメージだったような気がします。なのでタロウに
出てきたときに、なんでこの人が母の人間態を演じてるんだろう?って。
合掌。

亡くなったというニュース見てて今回初めて知ったのは、ペギーさんの芸名の
由来が「アメリカ人の友人と電話で話していたら相手が“君の声は、ペギーっ
ぽい”と言われて、それが気に入ったから」みたいなことだったんですが、なん
で相手の人は何を基準に「ペギーっぽい」って言ったんでしょうね~。考えられ
るのは、葉山さんが歌手であることを考えたら「ペギー・リー」が浮かぶのです
が、それなら普通に「ペギー・リーにあやかりました」って言えば済む話ですし
ね。そうではないようで。謎です。
ついでに、葉山さんがおられなければ、ペギー松山モモレンジャーの名前も、
どうなっていたんだろう?と、今さらながら考えてしまいました。
(亡くなったニュースのついでに、こんなこと話題にするの、ちと不謹慎かも
しれませんけど。。。)
「カ・シ・オ・ペ・ア」の、どれかに女性キャラの名前をあてようと、石森先生か
平山さんか誰か考えている時に、時代を考えたら女性キャラが一番目に来る
ことは無いと思うので、主役は「カで始まる男性の名前」で考えて、結果はご
存知、カイジョウツヨシになったのでしょう。で、「ペで始まる女の名前」って、
そんなの居るか? みたいな、大喜利のお題みたいな、そんなやりとりがあっ
たのではないかな~なんて妄想してしまいます。
それで、売れっ子歌手であったペギー葉山さんの名前を1文字モジッて、し
かも「南国土佐~」からの発想で、「四国松山」という連想ゲーム的な名前
付けが行われたので、ありましょう。たぶんね。
なのにペギー松山は北海道支部勤務っていうのが、謎なんですよねー(爆)。
四国支部でよかったのに。当時は、ネーミングのネタもとが分かり易すぎて
今の言葉で言うと「ベタすぎ」ということで、あえて四国支部には、しなかった
のかなー。

>ビッグフットの箱絵に注目
MAXさんのダグプラシリーズ、この前ブロックヘッド(緑)のほうが出ましたが、
先に発売された赤色の成型色替えですけども、オマケとしてハンクとアーロン
のフィギュアが付いています。そのポーズが、普通の当たり障りない立ち姿か
と思っていましたら、ちゃんとコーヒーカップ持ってブロックヘッドの足元に、も
たれかかって休息してるシーンが作れるポーズになっているんですね。で、
組立説明書の説明書きも「しばしの休息をさせてあげてください」みたいな、
イキなコメントが書いてあって、こりゃーなかなか。ツボ突かれました。
次はマベリックですけど、ソルティックとか吊り下げ状態で作ると、せっかくの
形のいい頭部が見えなくなっちゃうのが、もう何とも。贅沢というか(笑)。
結局は装着した状態で飾るのは、もったいないと思って、マベリックは横に
置くだけ、みたいになっちゃいそうですね。次にアイバン。ゼニが飛ぶ~(汗)。
で、その次は、来ましたビッグフット。8月発売予定だそうです。冬のロボット
を真夏に出そうなんてのも、またシャレが利いてて結構でございますね。
で、箱絵も発表されましたが、なにげに後ろにブリザードガンナーが描いて
ありますな。箱に描いてるからって、次にプラモ化が決定ってことは無いで
しょうけど、ビッグフット出すならブリザードも、というのは当然メーカーさんも
お考えでしょう。問題は、お値段ですけども、思い切ってガンプラのRE100
のような、アッサリした部品構成で、なんならポリキャップなしでもいいので、
簡略化して形状だけカッコよく仕上げてもらって、なるだけ安く価格設定し
て頂きたいものです。いや高くてもファンなら買ってしまいますけど、どうせ
マニアしか買わないんだし、安めのほうが2個3個と買うと思うんです。
ガンナー系はロボットアニメファンのみならずミリタリー系の人も興味持つと
思いますので、しかもマシーネン系の人も、ああいうの好きそうだし。

ま、そもそもは帝国の逆襲のAT-ATがネタ元であって、そこからクラブガン
ナーが出来上がり、砂漠用のバリエーションとして、足まわりをクモのように
変えたのがデザートガンナー、で、終盤になって雪の戦闘になるという事で
更に変形させたのが、ブリザードガンナーという流れがあったのでしょうが、
結果的に、ネタ元のAT-ATと同じ雪原で戦う四本足メカでありながら全く
違う雰囲気に仕上がったのは、良かったなぁと思います。間にデザートが
挟まってくれたおかげではないでしょうかね。あれが無ければ、もろAT-AT
まるパクリみたいなデザインになってた可能性があるのではと。
「ボトムズがリアルだ」というような話題はよくしますけども、実用化という点
では、車高が低く、不整地走破性が高そうで、量産に向いたシンプルな構造、
現在のロボット技術なら4本足なら上下動を抑えて歩く事も可能と思います
ので、最もリアルなガワラ先生メカかも知れないな~、なんちて(笑)。

 

ウルトラの母死去

 投稿者:必撮  投稿日:2017年 4月13日(木)06時59分30秒
返信・引用
  また大いなる昭和の方が逝ってしまいました。

幼心に
ウルトラの母と緑のおばさんが結びつかなかったのですが、
とにかくペギー葉山さんという方で同じ人だと。

それからMATの伊吹隊長がだんなさんと、
十数年後に知り、
またまたびっくりぽんでした。

平成が来年で終わるかもしれない中、
昭和の喪失です。

 

プラモがヘタでも生きてます。

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 4月11日(火)15時07分6秒
返信・引用 編集済
  あ~~~。忙しいです。
アンドロメダもAT-ATも、でっかいホーク2号も、ブッシュマンもXネブラ対応ブ
ロックヘッドも買ってあるのですが、いまだにニッパー入れられていましぇん。
「買ったその日に、ニッパー・イン! お師匠さん、ごめんなさい」主義の私です
が(←ホントに全部ってことではないですけど、たいてい新製品プラモを買って
帰ったらすぐ箱をあけて袋をバリバリ破いて、メインパーツだけサクッと切り離
して、手であわせてみて、それで完成した時のサイズ感をイメージする・・という
“儀式”は、よくやります。そんで、その後すぐ箱に戻して“押し入れイン!”ってこ
とも、ありますが・・それじゃダメじゃん・笑)、このごろは、半年前とか、それ以前
に作り始めたけども途中放置していたキットの、作業の続行とか、仕上げとか塗
装とかで、手いっぱい、でございまして。
そのため、ここ1~2ヶ月に新規購入したキットたちはニッパーインすらされず
箱のまま積んであります。アンドロメダ、早く光らせてぇ~っ。
「積むのもモデラーのサガ」「モデラー、イコール、コレクターでもある」というの
を趣味にしている人もおられるかも知れませんが、それって「趣味は模型作り」
ではなく「趣味は、模型の箱を眺めること」っていう、別ジャンルの楽しみ方じゃ
ないの?という気が、しなくもなかったりして。そういえば随分と昔ですがタモリ
倶楽部で格闘家の佐竹さんが「プラモの箱をあけて中のパーツを見ながら酒
を飲むのが最高」「花見の酒ならぬ、プラモ酒」というような話をされていたの
が、とても面白かった。気持ちはスゴく分かります。
話を戻しまして、昨年シーズンは一年間で約48個完成した、というような事
を書いたかと思います。12で割ると月産4個、週に1個は何か完成させていた
という計算になりますので「お前、仕事に行ってへんのか!?」と怒る人もおられ
るかも知れませんが、さきほども書いたように、もっと前から“お手つき”だった
キットが昨年やっと完成した、というような何年ごしかの物も含まれています
ので、朝から晩まで働きもせずにプラモばかり作っているわけでは、ございま
せん。毎日、安月給の、ブラック一歩手前みたいな会社(爆)で働かせて頂い
ておりますよ。これ書いているのだって、日中の仕事の合間に、会社のパソコ
ンからなので、普通は許されることではありませんが、そこがユルユルなのが、
ちょっと他所とは違うかな、と。ひとくちに「ブラックだ」とは言えない所以でも
あります。めちゃヒマな時間が昼間にポッカリできたりする特殊な仕事なので。
(この文章書いている今がまさにそれ。)
ホントのこと言うと、そんな無駄な空き時間を最大限有効に活用するなら、私
の場合は職場にプラモ持ちこんで、少しでも作業したいところですが、さすが
に一応は普通のオフィスですので、職場の机の上でプラモを広げるわけには
いきませぬ。とにかく帰宅してから寝るまでの時間を、どれだけ上手くやりくり
するか、がコツと言えましょう。平日は組み立て作業を中心にして、週末に一気
にまとめて塗装するとか、接着線を消す作業(=乾燥時間が必要)なパーツだけ
先に全て貼り合わせ(いわゆる接着剤ムニュッってやつ)ておいて、数日後に一度
にまとめてカンナかけ、一度にパテ盛り、そこから数日後に一度にまとめてサフ吹
き、という感じで、大量生産の工場みたいなやり方(笑)で、複数のプラモを同時
進行で進めているのでギョざいます~。
あともうひとつは「後片付けをしない」という(爆)のが、大きいですね。そんなの
偉そうに自慢しちゃダメなんですけど。常に広げておけるスペースを作ってある
ので、寝起きだろうと寝る前だろうと即、作業の続きができます。どうかすると出
勤前に1パーツだけ接着してから、家を出る、なんてこともザラ。
真面目なモデラーさんは毎回、筆とかキチンと掃除して、塗料のビンを所定の
位置に整理して、卓上のゴミを掃除して、で、次の作業に備える、というのが、
人として当然なのでしょうけど、アテクシの場合その掃除時間まですべて組み
立てに使ってる(笑)みたいな感じですかね~。今までも、筆立てとか、塗料ビン
を入れる箱とか、作業環境を整えようと何度も努力はしたのですが、結局は「手
を動かしたぶんだけ、完成に近づく」という結論に達してしまいました(笑)。
いくら何時間も机を丁寧に雑巾がけしたところで、模型は1ミリも完成に近づか
ないのです。かなり極端な話ですけど、クソしてる最中でもランナーにニッパー
入れたら、そのぶんだけ、完成に近づいていくわけです。
「そこまでしてまで数をこなす必要はない。」ごもっとも。その通りです。
例えば5年かけて1つの作品をジックリ作る、というのもまた、たいへんな精神力
を必要とすると思います。それはそれで素晴しい。そういうのも、やりたい。
私は生来、飽きっぽいので、飽きる前に組んでしまう、っていうだけですね。まさ
に粗製濫造です。このごろは単品作品ばっかりで、そろそろ地面付き(ジオラマ)
をやりたい、と思いつつ、はや何年も立ちます。
ということで、今年の1年間は、数えたら31作品が既に完成で、いま作業スペー
スにスクラップ工場みたいに積んである作業途中のが10数個。このうち何個か
は完成目前ですので、今年の成績は「約40個完成」という状況かな。
昨年より少しペースが落ちたのは、夏に全く作業が進まなかったのが原因です。
40個というと、かなり多いように思えるかもしれませんけど、手のひらに乗る
ような、小さいスケールの戦車とか小さい飛行機キットなんかも「1個」と
カウントしているだけですから、いばって書くほどの自慢には、なりません。
(ちなみに自分の中で4月の末が1年の“区切り”なので、昨年の4月から今年
の4月までの一年間を“シーズン”と自分で勝手に呼んでいるだけです。)
次のシーズンはアンドロメダからスタートです。いや、ホーク2号? (←こうやっ
て、またグダグダ~っと作業が始まります。)
そういえばバソダイのSWシリーズは、なにげにEP1~3からも新製品を出して
るわけですが、この調子で続けていってもらえたら、1/12スケールのグリーヴァ
ス将軍が発売されるのも、そう遠くないように思います。グリーヴァスなら1/6で
プラモになっても、買っちゃうかもなぁ(さすがに1/6プラモは出ないと思うけど)。
先日発売になったヨーダの1/6&1/12のキットのシワの感じとか、ゴム素材の
ローブのパーツとか見ると、この柔らかい素材で「1/12 ジャバ」が発売されて
も、おかしくないかなー、なんて(笑)。もう「プラ」モでは、なくなりますけども。

 

3.22レンタル解禁。

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 3月22日(水)19時16分12秒
返信・引用 編集済
  思えば、昭和シリーズの途中から平成シリーズ、ミレニアム、と、ずっとン10年と
ゴジラファンをやってきたと言ってもいいかなーと思ってるんですけども、今回ほど
レンタル屋さんやDVDショップで大々的に「3.22ついに登場!」みたいに、チヤホヤ
されてるゴジラを見るのは初めてかも知れない。ううう、立派になったなぁ(涙)。
まぁ84ゴジラの時も、それなりに劇場で予告ポスターが貼られたり、デストロイア
の時も「これで最後!」みたいなポスターのアオリはあったように思うし、エメリッヒ
版やギャレゴジの時も、まぁまぁ、それなりには、派手にPOPなんか立てて宣伝は、
あったことはあったと思いますけども。いずれも劇場の公開前のプロモ中心であっ
て、今回のシンゴジみたいに、公開が終わってからも、レンタルが出ますよーみた
いなだけなのに、えらく熱烈歓迎されてる感じは、かつて今までに一度も感じた
ことがないような気がします(笑)。そりゃ邦画の大ヒット映画なんだもんなぁ。
こうやって、数年後に公開されるとウワサの、ハリウッド版のキンゴジにと、うまい
こと繋がっていくのかも知れません。次のギャレゴジの続編のヒット次第という
ことになるかと思いますけども。
でも、よくよく考えたら、いま公開中のコング映画→次にウワサされている三大
怪獣のハリウッド版→ハリウッド版のキンゴジへ、という流れなんですけども、
なんとなく昭和ゴジラファンから代々受け継がれている(笑)「キンゴジ最高!」み
たいな、神話のような空気があるせいで、いやがおうにも期待は高まってしまう
んですけども、「キングギドラと戦った後で、猿と対決」っての、どうよ?という気
が、しなくもありませんよね(笑)。
昭和ゴジラシリーズでは、キンゴジがあって、もっと強い宇宙怪獣をってことで
その後でキングギドラが考えられたわけですから。。。。
「ギドラを倒した無敵のゴジラが、猿にやられるか、よくて引き分け。」っての、
全米は認めるかも知れないけど、日本の熱心なゴジラファンとしては、それ、どう
なんだろ? と、絶対に首をかしげると思いますよ。
なんちゃって。ウキー。
(すべてウワサに基づいた勝手な妄想で書いてます。悪しからず。)

>まさかのエウレカ劇場版。。。
もう丸10年も前の作品になるんでしょうかね。ついこの前という程ではないけど、
もうそんなに経ったかという気にもなります。作画もキャラデも当時のテレビ番組
としては相当にハイクオリティだったように記憶します。ロボのデザインも独特で
面白かった。確か放映当初は、まだ青野武さんがご健在で、主人公のお爺さん
役だったですよねー。私は続編「AO」のほうはちゃんと見てないので、どうやって
最後が決着したかとかサッパリなんです。ちょっと途中から宗教じみたストーリー
になってきたような気がして、ついていけなくなりました。こういう時、人のフリ見
て我がフリ直せ、じゃないですけども「最後までダグラム、よう見切れん。」とか
「イデオン最後のほう、壮大すぎてワケわからん。」とか、自分が好きな作品を
最後までジックリ見る気力が続かない人の意見を聞くと「ああ、もったいない。
いい作品なので、多少無理してでも、がんばって、最後まで見てもらえたらなぁ
~」みたいに、ついつい自分の価値観のモノサシのみで考えてしまうんですが、
きっとエウレカの大ファンの人からしたら「なんで最後まで見ないんだー。もった
いない。」みたいに、思われちゃうのかも知れません(笑)。
とりあえず、タルホちゃんの服装は初期のころが良かったので、地味になっちゃ
ってから急に興味が薄れたのかなぁ(←だいぶ初期やん。)

>タミャさんの工具類が値上げ?
ピンバイスのドリルが6本くらいセットになってるやつ、何となくイメージは千円くら
いで“安い”って勝手に思い込んでいたんですが、いま1500円とかなんですね。
ニッパなども軒並み値上がりしている様子。だいたい値上がりは200~300円
程度みたいですけども。物価だけ、どんどん値上がりしていくなぁ。
ピンバイスのドリル刃は、細いやつほど折り易く、そして値段はお高いというアンビ
バレンツ。(泣)。
0.3とか0.5ミリの刃は、兵隊フィギュアの足裏とかからキリキリ穴を開ける作業
中に、ちょっと手元がブレた瞬間“ポキ”と音もせず、見たら兵隊の足の裏に折れ
た先端が埋まってしまっている状態で、もう二度と取り出せない(まぁ折れたピン
バイス刃の先なんて使いようもありませんけど)。かくして、その名も無き兵隊は
片足の中に鉄筋が入っているような状態でシレッと立ってることに(笑)。
「鉄筋が入っているのと入っていないのでは、いざという時の耐久力が違います!」
とか、MP40を担ぎながら無言で訴えている1/35ドイツ兵なんだね(笑)。
このごろ妙にサイフの中身の減りが早い割には、何も手元に残っていないような
気がして、そんなにバカスカとプラモ買っているわけでもないのに、変だなぁと
思ってるんですが、原因は、接着剤とか、パテとか、プラ材とか、デコパージュ
の板だとか、そういう「プラモを完成させる途中で必要になってくる材料」を、
チョコチョコと最近買っていたのが、積もって、気が付いたら結構な散財になっ
ていたのかなぁ?なんて思っています。プラモなら買って来た後で部屋にデーン
と箱をおいて、朝夕に眺めてはニヤニヤするという楽しみ(なんだそれ)がある
んですが、サフの缶とか、0.5mm真鍮線だとか、買って帰って自宅でシゲシ
ゲと眺めるわけがありませんもんね(笑)。塗料とかシンナーとかの素材も結構
バカにならないっすね。なんかインガな趣味だなぁプラモづくり(笑)。
なにを今さらですが。
 

ラス卜・サンって何??

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 3月17日(金)18時46分9秒
返信・引用 編集済
  全く見たことのない新しいガソダムの絵が検索でヒットしたので、そこから辿って
いったら「UC0096 ラス卜・サン」という作品タイトルだと判明。
なんだそりゃー!!!
世界のミフネ演ずるサムライがアランドロンと対決する、昔の映画かー!!!
そりゃ「レッド・サン」だーーー!!
・・・と、むりやりボケてみましたけども、これって漫画なんですね。知らなかったなぁ。
0096年ということで、ユニコーンと同じ年に、バナージが頑張っている裏で、別の
宙域で別の戦闘が展開されていたという、サイドストーリーというか同時進行の別
物語というか。なので袖付きのロボたちも出てくるみたいですね。
こうでもしないと、もう完結しちゃった物語であるユニコーンの関連プラモを売り続け
ることが出来ない、苦しい状況なのだろうか。
あながち、おダイバーの新しい像がユニコーンになるというのも、プラモの金型の
減価償却のためには、常に「ユニコーンって、人気あるっぽいのな」と世間の皆さん
に何となく思い込んで頂くための、作戦なのかも知れない、と。だって多くの人が
「RX-78を壊して次に新しいのにするなら、順番でいくと、マーク2は無理としても、
普通はゼータなんじゃないかなぁ? なんで、いきなりユニコーンになっちゃうのか?」
と思うはず。あるいは「ザクとかドムとか、敵側のでもいいじゃないの」とか。
しかし、もはや1年戦争ネタでは“コスり過ぎ”“シガミ過ぎ”で、新しいものは生み
出せないからダメ、ということなのか。ゼータにしちゃうと、ゼータ以後のネタが扱
えないし。それなら現在のところ一応最新のネタであるUCを、幅広い世代に定着
させていたほうが無難、ということかな。新作でありながら、ダブルゼータとの関連
も深いところが、結構幅広い年代にアピール出来るのが利点だと思うし。MSVや
センチネルまで含めちゃえる、オッサンを喜ばせるフトコロの広さ(笑)も持ってるし。
オルフェンズも健闘していると思いますけど、あれだと完全に旧世代のガンプラオ
ヤジたちの趣味とは別の世界観の、新しい物語ですし。
ならば「オリジン」があるぢゃんよ、ということも言えますけど、みなさん、オリジンの
関連プラモって、買っておられますか? 私は、アニメ自体もイマイチですけど登場
ロボのプラモも、どれも好きになれないなぁ。唯一買ったのは、プロトタイプグフ
だけなんです。それも、アニメのオリジンの世界観なんか、どーでもよくて、単に
昔のMSVの旧キットとニコイチ改造しようかな、という目的のためですから。
さてそのラス卜・サンですけど、一年戦争を思い出させる「ダム&キャノン&タンク」
という3種類のロボが登場、かつての「V作戦トリオ」の現代版、を狙っているよう
でありますが・・・。うーん。これもいずれプラモ化して売るつもりなのかなー。
新しいのもいいけど、その前に、早いとこ、HGUCで出てないやつ、モリノークマ
サーンとかバウンドドックとかガルバルディとかガザDとかザメルとか、いくつも
あるじゃないッスか。RE100でハンブラビとかメタスとか、そこそこ行けそうだし。
あとMGでドムトローペンあたりなら、かなり売れると思いますけど。。

 

ネチガエーター

 投稿者: 2G  投稿日:2017年 3月14日(火)16時47分1秒
返信・引用 編集済
  久しぶりに強烈な寝違えを起こしてしまい、起きたら首から両肩にかけてがガッチ
ガチになって、首を満足に左右に振ることもできなかったです。立っても寝ても痛く
て、とにかく背筋を伸ばして真正面を向いてジッとしている状態が、一番マシという
感じでした。原因はよく分かりませんが疲労がたまっていて、変な格好で寝落ちし
てしまって、寝返りがうまく出来なかったのかも知れません。普段はこんなことには
まず滅多にならないので、慣れていないこともあって、つらい1日を過ごしました。
ちょっと「クールギンになったような気持ち」を味わった週末でした。なんちて(笑)。
いわゆる肩がキョーレツに凝った状態のような感じなので、自分で首から肩にかけ
マッサージしたりして、よほど整体とかのお世話になろうかとも考えましたが、ネット
の情報では「首や肩を揉むのは間違い」だそうで「脇の下を伸ばすストレッチ体操
をせよ」と書いてあったのを読んで、藁にもすがる気持ちで試してみましたら、それ
が良かったのかは分かりませんが、翌日には相当マシになっておりました。
クールギンからトップガンダー(ちょっと動く)になったような・・・。もぉええって。
「寝違える」というのは、子どもの時には自分がなったことがなくて、どういう現象
なのだろうと不思議に思っておりました。同年代の人なら、最初の天才バカボン
のアニメのエピソードで「境内に何百体もお地蔵さんを祀ってあるお寺に見学に
来たバカボンが、自分そっくりの地蔵だけ首が取れて落ちてることにショックを
受け、翌日、寝違えて首が動かなくなったのを“自分の首も取れてしまうのでは”
と真剣に焦って悩む」というのがあったのを、覚えておられるかと。あの時にバカボ
ンは首を傾けたままの状態だったので、当時「ははぁ、寝違えるというのは首が傾い
て固定されるのだな」と私は勘違いしてしまいました(笑)。
あんな状態だったら立ってまっすぐ歩けないよなぁ。アニメで寝違えた状態を表現
するのは、かなり難しいですよね(バカボン以外で寝違えた状態の人を描いている
アニメやドラマとか、見たことないような気が)。
まぁ、早い話が“自分もトシくったなぁ”と情けなく思う、今日このごろッス。
ほんと“やる気はあるのに身体がついて来ん”というのが実感できてしまう(涙)。
「老後の楽しみにプラモ取っとこう」なんて考えてても、どんどん目は悪くなるし、
指先は長時間の細かい作業に耐えれなくて震えてくるし。肩や腰は痛むし。集中力
が続かないし。疲労が貯まって回復にも時間かかるし。なにより、古くて出来が悪く
て組みにくい古い“お宝”プラモにチマチマ手を加えて何年もかかって結局完成し
ないよりは、最新の、より形状が正確で組み易くて出来が良い新しいプラモをペ
ペペッと素組みで完成させたほうが精神衛生上、いいと思いますけどね。
しかもそっちのほうが出来上がりが良かったりした日にゃ、もう、何年も、なに
やってんだか?って話ですから(まぁ、たとえ残念な仕上りになっても自分さえ
満足できたなら、それはそれで結構ですけど。。。)


>◯ン◯ン、全開、◯ー◯ン◯◯ー
ゴーオンイエロー役の人がセクシー系に。。。という話題。先日、書店に並んでい
た週刊誌の掲載写真で知りました。
どちらかというと歴代でも幼い感じの、色っぽさというより、爽やか正統派美少女
って感じの路線の人で、当時は「ウナコーワ」のCMなんかにも出ておられましたが、
さすがにすっかりオトナの女優さんになって、深夜ドラマでは色っぽいお姉さん役で
いわゆる濡れ場も演じておられるそうです。このドラマは、同時にアニメ版もあり(
以前の「監獄学園」と同じようなメディアミックスなのでしょうかね?)、実は関西で
はアニメは放映中のようですが、実写ドラマのほうは、まだ見れないみたい。トホホ。
関西のテレビ局は独自で編成してローカル制作番組も挟んできますので、関東
で話題になってるドラマが結構遅れてから放送、なんてザラ。
それにしても東映特撮ヒロイン→セクシー路線、というのは昔から定番というか
(逆にセクシー系からのご出演というのもありましたが)、一般のドラマに比べて、
特撮ものは「ジャリ番」などと呼ばれ一段下に見られていた昔の風潮を引きずって
いたような気もしますが、近年はグラビアアイドルや読者モデルなど、最初から
ガッチリ事務所がバックアップというか、特撮ヒロインを演じさせることで世間一般
への認知度を上げようと言うような、特撮ものの地位も随分と向上したのなーと、
ちょっとだけ感無量。なんとも健全で結構なことであります。
が、昔の、ちょっと怪しい雰囲気があった頃が、懐かしく思えてきます。
どっちかというと「いいオトナが、小さい子供が見る番組を(ややヨコシマな目で)
熱心に見る」という、背徳感(笑)というか、情けなさというか、ちょっと恥ずかしい、
そういうこと自体がオタクとして面白かったのにな~という。
確か、シャイダーのアニーあたりで、一般の男性週刊誌が注目し始めて「お父さん
も夢中? 最近の子ども番組は、かなりセクシーだ」みたいな、そんな記事が出て、
それに気付いた世の奥樣方から、ジワジワと「悪の女幹部の服装の露出度が多い」
とか「子供の見る番組で女性のパンツを見せるな」とか、そういうプレッシャーが
段々と業界全体に暗雲を運んで来て(笑)、そうなると、どんどん「ラテックス率」が
上がってしまい、現在に至る、と。ラテックス率が高いのは普通は喜ばしいのです
が(あくまで個人の見解です)、こと悪の女幹部に関しては、非常によろしくない(爆)。
などということを、昨日ジュウレンジャーのラミィの映像とか見ながら懐かしく思って
いた、今日このごろなのであります。(なんだこのおじさん。)
ま、今年劇場公開予定の、デカレンジャーのスピンオフ映画は、なんか予告編を
見る限りは、ホラー映画の「SAW」とか「CUBE」あたりを意識したような“目が覚め
たら変な密室に閉じ込められてて、なんか脱出するにはトラップとか困難が待ち構
えてる”的な、そんな感じなのを女の子だけでやるような様子ですので、それは
ちょびっとだけ期待しています(笑)。
茨城県のご当地ヒロイン・イバガ-ルさんにも是非ゲスト参加して欲しいな~(爆)


そうそう戦隊モノの話題と言えば、日本では定番というかずっと昔から続いてる
シリーズですので、発売される関連オモチャも大体、例年スタイルが同じような
もので、合体ロボ、変身道具、メンバーの小さいソフビ人形、あたりが出て終わり
なんですけども、海外に輸出されて「パワーレンジャー」というタイトルで放送され
てる作品は、海外で独自のオモチャが発売されてたりして、どんなのがあるのか
探すのも面白いですね(ネットで探すだけで、実際に買ったりはしていませんが)。
例えば「ゴセイジャーのゴセイレッドの、高さ80センチのソフビ人形」とか、日本
では、ちょっと考えられないビッグサイズとキャラ選択(おいおい)ですよねー。
惜しいのは、もうちょっとリアルプロポーションで作ってもらえたらなぁ、と。

 

レンタル掲示板
/90